あのコンセプトモデルの行方は?!市販版CB1000Rインターセプターを予想!

2017年のミラノショーで登場したロケットカウルのコンセプトモデル、CB4 Interceptor(インターセプター)は「ネオ・スポーツ・カフェ」をデザインテーマに2016年のミラノショーに出展されたCB4 CONCEPT(コンセプト)の進化型。CB4コンセプトからエンジンが650→1000となり市販版CB1000Rインターセプターも期待できそう?!

CB1000Rロケットカウル仕様もゼヒ

ここのところ、ホンダのコンセプトモデルが市販化される確率はかなりのもの。まず、来年国内でも発売される新型CB1000Rの前身は2016年発表のCB4コンセプト。

→続きを読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ダイネーゼジャパンは、全国のDainese Store(札幌店・名古屋店・大阪店を除く)で、…
  2. やっぱり2018年モデルはよくできてます! スーパーカブといえば、長きに渡って様々なユーザ…
  3. NEXCO中日本は、7月1日(日)から11月30日(金)までの期間、三重県内の高速道路が定額…
  4. 2017年モデルで懐かしの並列2気筒アメリカンのレブル(250)が、500&250の2バリエ…
ページ上部へ戻る