あのコンセプトモデルの行方は?!市販版CB1000Rインターセプターを予想!

2017年のミラノショーで登場したロケットカウルのコンセプトモデル、CB4 Interceptor(インターセプター)は「ネオ・スポーツ・カフェ」をデザインテーマに2016年のミラノショーに出展されたCB4 CONCEPT(コンセプト)の進化型。CB4コンセプトからエンジンが650→1000となり市販版CB1000Rインターセプターも期待できそう?!

CB1000Rロケットカウル仕様もゼヒ

ここのところ、ホンダのコンセプトモデルが市販化される確率はかなりのもの。まず、来年国内でも発売される新型CB1000Rの前身は2016年発表のCB4コンセプト。

→続きを読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
  2. ヤマハ発動機販売は、需要の創出や二輪市場活性化を目指し、より多くの人にツーリングの楽しみを提…
  3. トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、福岡県にある正規販売店「トライアンフ福岡」を1…
  4. エレガントなスタイリング&優れた動力性能 スズキは、エレガントなスタイリングと快適性、充実…
ページ上部へ戻る