あのコンセプトモデルの行方は?!市販版CB1000Rインターセプターを予想!

2017年のミラノショーで登場したロケットカウルのコンセプトモデル、CB4 Interceptor(インターセプター)は「ネオ・スポーツ・カフェ」をデザインテーマに2016年のミラノショーに出展されたCB4 CONCEPT(コンセプト)の進化型。CB4コンセプトからエンジンが650→1000となり市販版CB1000Rインターセプターも期待できそう?!

CB1000Rロケットカウル仕様もゼヒ

ここのところ、ホンダのコンセプトモデルが市販化される確率はかなりのもの。まず、来年国内でも発売される新型CB1000Rの前身は2016年発表のCB4コンセプト。

→続きを読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. Team KAGAYAMAは、全日本ロードレース選手権シリーズ最高峰であるJSB1000クラ…
  2. トリックスターは「Webike Tati Team TRICK STAR」で『2018-19…
  3. ※記事内画像は日本仕様と異なる場合があります。 V7 III Stoneをベースとした…
  4. ホンダの軽バン「N-VAN(エヌバン)」が、第28回(2019年次)RJCカーオブザイヤー特…
ページ上部へ戻る