宿敵が火を着けた!HONDA新型V4開発にGOサインか?!

ヤングマシン2017年12月号(10月24日発売)に掲載したスクープをWEBでも紹介。本来はミラノショーに出展されるモデルのスクープ特集の予定だったが、特報として記事化したのがこの次期RVF1000(本誌予想)。ドゥカティのパニガーレV4が話題になっていた時期だけにホンダの新型V4開発の情報は様々な意味合いを持つだろう。

打倒ドゥカティ、研究段階から製品開発へ

ついに公開されたドゥカティの市販V4エンジン。モトGPマシンのデスモセディチGPが搭載するV4を元に生まれた渾身のユニットである。これを積む公道モデル=パニガーレV4もミラノで披露される予定だ。これを機に「ホンダが新V4マシンの製品化に向けて、プロジェクトをスタートさせた」との最新情報が入ってきた!

→続きを読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 往年のメグロ・SG250を彷彿させるスタイリングで’92年にデビューしたエストレヤ。最後を飾…
  2. ’17で全面熟成を遂げ、評判のCBR1000RRがナント「’19モデルで電撃フルチェンジを果…
  3. GROMグロムにヨシムラのマフラーで『I’ve Got The Power!』 201…
  4. キムコは、画期的なEVスクーター「New Many 110 EV」と「Nice 100 EV…
ページ上部へ戻る