懐かしのハンターカブカラー復刻 2018新型クロスカブ110には赤もある

2017年10月の東京モーターショーに出展された2018年新型クロスカブ110の発売がいよいよ迫ってきた。本誌ではすでに2月に発売すると予想してきているが、そのカラーバリエーションが判明。東モで発表された黄色の他に、赤とグリーンの3色展開となりそうだ。

ハンターカブと言えば赤でしょう

ハンターカブの元祖C105H(1963年)は、北米向けに「荒野の足」として開発されたスクランブラー仕様。レッグシールドを排し、2時減速比を変更できるダブルスプロケットなどを採用した。アップマフラーなど同様のスタイルがCT110(1981年10月)らに継承されているが、「ハンターカブ」とは名乗らない。

→続きを読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、2ストローク84cm3モトクロッサー「RM85L」のカラーリングを変更し、9月21…
  2. スズキは、軽量で高性能なスーパースポーツバイク「GSX-R125 ABS」のカラーリングを変…
  3. キャンプツーリングにオススメバイク特集第2弾!! ウェビックユーザーがオススメする【キャン…
  4. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
ページ上部へ戻る