【新車】ヤマハ、「BW’S125」を“オフロードテイスト”と“遊び心”を強調したカラーリングに変更し2/10に発売 

ヤマハ発動機は、個性的なクロスオーバーデザインで“遊び心”を刺激する原付二種スクーター「BW’S125」のカラーリングを変更、平成28年度国内排出ガス規制へ適合し、2月10日より発売する。

2018年モデルは2色設定で、“オフロードテイスト”と“遊び心”をより強調したカラーリングとした。
チタンカラーとブラウンをロートーンで組み合わせることにより、力強さを演出した“オフロードテイスト”をより強調した「マットチタン1(マットチタン)」と、ソリッドなイエローをメインにブラックと組み合わせ、アウトドアギアを感じさせることによる“遊び心”を強調した「ビビッドイエローソリッド2(イエロー)」。

なお製造はヤマハモーター台湾で行われる。

BW’S125

メーカー希望小売価格:329,400円(税込)

【マットチタン1 (ニューカラー/マットチタン)】

【ビビッドイエローソリッド2 (ニューカラー/イエロー)】

主要仕様諸元

認定型式/原動機打刻型式 2BJ-SED9J/E31CE
全長×全幅×全高 1,910mm×765mm×1,125mm
シート高 780mm
軸間距離 1,305mm
最低地上高 145mm
車両重量 119kg
燃料消費率*1 国土交通省届出値
60km/h定地燃費値*2
40.4km/L 2名乗車時
WMTCモード値(クラス)*3 37.3km/L(クラス1)1名乗車時
原動機種類 空冷・4ストローク・SOHC・4バルブ
気筒数配列 単気筒
総排気量 124cm3
内径×行程 52.4mm×57.9mm
圧縮比 10.0:1
最高出力 7.2kW(9.8PS)/7,500r/min
最大トルク 9.9N・m(1.0kgf・m)/6,000r/min
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 0.90L
燃料タンク容量 6.5L(無鉛レギュラーガソリン指定)
燃料供給 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V, 6.5Ah(10HR)/GT7B-4
1次減速比/2次減速比 1.000/10.667(40/15×44/11)
クラッチ形式 乾式, 遠心, シュー
変速装置/変速方式 Vベルト式無段変速/オートマチック
変速比 2.500~0.768:無段変速
フレーム形式 バックボーン
キャスター/トレール 27°00′/95mm
タイヤサイズ(前/後) 120/70-12 51L/130/70-12 56L(前後チューブレス)
制動装置形式(前/後) 油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/ユニットスイング
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V, 55W×2

*1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
*2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率です。
*3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

【BWS125(ビーウィズ):Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る