冬の定番「グリップヒーター」。取り付け方法を詳しく動画でご紹介!


寒い冬!バイクに乗っていると手がかじかむ!乗車時、ライダーの手は常に最前に置かれており、冷たい走行風を受けています。

手がかじかむと、スイッチやブレーキ、アクセルの操作が鈍くなります。寒くて手はガクガクぶるぶる……とてもじゃないですけど快適に操作はできないですよね。グリップヒーター装着後のイメージは、温かい缶コーヒーを握りながら走っているかのような感覚!手が温まるとハンドル操作も格段に向上します♪

今回ご紹介するキジマのグリップヒーターGH07は電源スイッチが一体となったモデルなので、スイッチの取り付け場所に悩むこともありません!温かくて使いやすいグリップヒーターをお探しの方におすすめです!

商品の詳細と取り付け動画を掲載しましたので、是非チェックしてみてください!

ポイントをしっかり分かりやすくご紹介!!

グリップヒーターの欠点であった握りの太さを解消しており、最小径33mmを実現しました。それによって、通常のグリップと同等の握り心地で違和感なく使用が可能となり、冬以外のシーズンは電源OFFで通常のグリップ同様に使用ができます!

→全文を読む

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  2. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  3. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る