【新車】スズキ、ロードスポーツバイク「SV650 ABS」をカラーチェンジし、1/26に発売

スズキ株式会社は、650cc Vツインエンジンのロードスポーツバイク「SV650 ABS」をカラーチェンジし、1月26日より発売する。

新色は、GSX-Rシリーズと同じブルーを取り入れた「トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト」と、フレームのレッドとのコントラストが美しい「グラススパークルブラック」、落ち着いた印象の「マットブラックメタリック」の3色だ。
車両価格は738,720(税込み)で2017年モデルと同額。
諸元にいたっては、車両の装備重量が1kg増えた以外の違いは見られない。

ビキニカウルを装着したカフェレーサースタイルのネオクラシック「SV650X ABS」と並び、”新車で買えるVツインネイキッド”が選べることはとても魅力的だ。

【関連ニュース】
◆【新車】スズキ、新型「SV650X ABS」を1/26に発売 伝統的な外観を取り入れたネオレトロスポーツ
◆【新車】スズキ、GSX-Rシリーズの新型「GSX-R125 ABS」を1/26に発売 軽量で高性能な原付二種

「SV650 ABS」カラーリング

メーカー希望小売価格:738,720(税込)

トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト

グラススパークルブラック

マットブラックメタリックNo.2

主要諸元(スペック)

型式 2BL-VP55B
全長 / 全幅 / 全高 2,140mm / 760mm / 1,090mm
軸間距離 / 最低地上高 1,450mm / 135mm
シート高 785mm
装備重量 ※1 197kg
燃料消費率 ※2 国土交通省届出値:定地燃費値 ※3 37.5km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値 ※4 26.6km/L(クラス3、サブクラス3-2) 1名乗車時
最小回転半径 3.0m
エンジン型式 / 弁方式 P511・水冷・4サイクル・90°Vツイン / DOHC・4バルブ
総排気量 645cm3
内径×行程 / 圧縮比 81.0mm×62.6mm / 11.2 : 1
最高出力 ※5 56kW〈76.1PS〉 / 8,500rpm
最大トルク ※5 64N・m〈6.5kgf・m〉 / 8,100rpm
燃料供給装置 フューエルインジェクションシステム
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式
潤滑方式 ウェットサンプ式
潤滑油容量 3.0L
燃料タンク容量 14L
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 2.461
2速 1.777
3速 1.380
4速 1.125
5速 0.961
6速 0.851
減速比(1次 / 2次) 2.088 / 3.066
フレーム形式 ダイヤモンドフレーム
キャスター / トレール 25°/ 106mm
ブレーキ形式(前 / 後) 油圧式ダブルディスク(ABS)・油圧式シングルディスク(ABS)
タイヤサイズ(前 / 後) 120/70ZR17M/C(58W)・160/60ZR17M/C(69W)
舵取り角左右 33°
乗車定員 2名
排出ガス基準 平成28年国内排出ガス規制に対応

※1 :装備重量は、燃料・潤滑油・冷却水・バッテリー液を含む総重量となります。
※2 :燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
※3 :定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
※4 :WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
※5 :エンジン出力表示は「PS/rpm」から「kW/rpm」へ、トルク表示は、「kgf・m/rpm」から「N・m/rpm」へ切り替わりました。〈 〉内は、旧単位での参考値です。■車体色はモニター表示のため、実物とは異なる場合があります。■この仕様は改良のため予告なく変更する場合があります。■掲載写真には、合成または、特別に許可を得て撮影したものが含まれます。

【関連ニュース】
◆【新車】スズキ、新型「SV650X ABS」を1/26に発売 伝統的な外観を取り入れたネオレトロスポーツ
◆【新車】スズキ、GSX-Rシリーズの新型「GSX-R125 ABS」を1/26に発売 軽量で高性能な原付二種

情報提供元 [ スズキ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 「バイク用のライディングブーツ」、みなさんはこのキーワードを聞いて、どのようなブーツを想像し…
  2. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  3. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
  4. MFJは、東北復興の応援を目的としたツーリングイベント「走ろう東北!MFJ 東北復興応援ツー…
ページ上部へ戻る