【新車】スズキ、GSX-Rシリーズの新型「GSX-R125 ABS」を1/26に発売 軽量で高性能な原付二種

GSX-Rに高性能なエントリーモデルが登場

スズキは、軽量で高性能なスーパースポーツバイクのGSX-Rシリーズに、125ccの新型「GSX-R125 ABS」を追加し、1月26日より発売する。

新型「GSX-R125 ABS」は、初心者や若年層も幅広く楽しめる、GSX-Rシリーズのエントリーモデルの原付二種スポーツバイク。

GSX-Rシリーズの技術を投入した、高出力の124cm3水冷単気筒DOHCエンジンと軽量でコンパクトな車体により、伸びやかで胸のすくような加速感と、街乗りからワインディングまで、あらゆるシーンにおいて走る楽しさを提供する。

GSX-Rシリーズを踏襲したフルカウルのスタイリングで、前後輪に17インチの大径ホイール、花弁形状のブレーキディスクや、ABSを標準装備された。

また、スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」など、利便性の高い装備も採用されている。

【関連ニュース】
【新車】スズキ、新型「SV650X ABS」を1/26に発売 伝統的な外観を取り入れたネオレトロスポーツ
【新車】スズキ、ロードスポーツバイク「SV650 ABS」をカラーチェンジし、1/26に発売

新型「GSX-R125 ABS」

メーカー希望小売価格:386,640(税込)

トリトンブルーメタリック

ブリリアントホワイト

ソリッドブラック

新型「GSX-R125 ABS」の主な特長

エンジン・車体

■124cm3水冷・4バルブ・単気筒・DOHCエンジン。GSX-Rシリーズの解析技術を用いた燃焼室の最適化や、吸気効率の向上、燃料噴射の最適化などにより、最高出力11kW/10,000rpm、最大トルク11N・m/8,000rpmの出力性能と48.2km/L※1の燃費性能を実現。
■スムーズな出力伝達を可能にする6速マニュアルトランスミッションを採用。
■軽量・高剛性フレームと、GSX-Rシリーズの技術を投入して設計した、コンパクトな車体レイアウト。ショートホイールベースと、134kgの軽量・スリムなボディーにより、街乗りにおける扱いやすさや、ワインディングにおける高い操縦性を実現。
■セパレートハンドルによるスポーティーなライディングポジションと、785mmの低いシート高による良好な足つき性を実現。
■前面の表面積を縮小したカウリングにより空気抵抗を低減。

※1 国土交通省届出値:定地燃費値(60km/h)2名乗車時。定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率。燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値。ユーザーの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なる。

デザイン

■GSX-Rシリーズを踏襲した軽量・スリムでスポーティーなフルカウルのスタイリング。
(1)LEDを採用したGSX-Rシリーズ共通イメージの縦型2灯ヘッドライト
(2)ハンドル位置を低くし、ヘッドライトを前方にレイアウトしたシャープなフロントカウル
(3)「GSX-R1000R ABS」と共通イメージの大型「SUZUKI」ロゴデザインを採用した車体色「トリトンブルーメタリック」

■車体色は、青「トリトンブルーメタリック」のほか、白「ブリリアントホワイト」、黒「ソリッドブラック(半ツヤ)」の計3色を設定。

装備

■前後輪にスポーティーな10本スポークの17インチ大径アルミ製キャストホイールと花弁形状のペータルブレーキディスクを装備。
■前・後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABSを標準装備。
■長距離の走行に安心な大容量11Lの燃料タンク。
■フルデジタル表示の多機能メーター。
(1)任意に設定したエンジン回転数に到達するとランプの点灯/点滅でシフトチェンジのタイミングを知らせるRPMインジケーター
(2)一目でギヤポジションがわかるギヤポジションインジケーター
(3)切替式のオドメーター/ツイントリップメーター

■鍵穴へのいたずらや盗難を抑止する、ワンアクション式シャッター付ステアリングロック。グローブをした状態や、夜間の鍵穴が見えにくい状況でも、シャッターを開ける際はキーマスコットを指定部に押し込み、閉める際はノブを操作するだけで開閉が可能。

■スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけで、スターターモーターを回転させてエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」を採用。また、ニュートラル時はクラッチレバーを握らなくても始動可能となった。

年間目標販売台数

300台

主要諸元(スペック)

型式 2BJ-DL33B
全長 / 全幅 / 全高 2,000 mm / 700 mm / 1,070 mm
軸間距離 / 最低地上高 1,300 mm / 160 mm
シート高 785 mm
装備重量 ※1 134 kg
燃料消費率 ※2 国土交通省届出値:定地燃費値 ※3 48.2 km/L (60 km/h) 2名乗車時
WMTCモード値 ※4 44.7 km/L (クラス2、サブクラス2-1)1名乗車時
最小回転半径 2.6 m
エンジン型式 / 弁方式 CFA1・水冷・4サイクル・単気筒 / DOHC・4バルブ
総排気量 124 cm3
内径×行程 / 圧縮比 62.0 mm × 41.2 mm / 11.0:1
最高出力 ※5 11 kW 〈15 PS〉 / 10,000 rpm
最大トルク ※5 11 N・m 〈1.1 kgf・m〉 / 8,000 rpm
燃料供給装置 フューエルインジェクションシステム
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式
潤滑方式 ウェットサンプ式
潤滑油容量 1.5 L
燃料タンク容量 11 L
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 2.923
2速 1.933
3速 1.476
4速 1.217
5速 1.045
6速 0.925
減速比(1次 / 2次) 3.285 / 3.214
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター / トレール 25°30′ / 93.3 mm
ブレーキ形式(前 / 後) 油圧式シングルディスク(ABS) / 油圧式シングルディスク(ABS)
タイヤサイズ(前 / 後) 90/80-17M/C 46S / 130/70-17M/C 62S
舵取り角左右 35°
乗車定員 2 名
排出ガス基準 平成28年二輪車排出ガス規制に対応

※1:装備重量は、燃料・潤滑油・冷却水・バッテリー液を含む総重量。
※2:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値。ユーザーの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なる。
※3:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率。
※4:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類される。
※5:エンジン出力表示は「PS/rpm」から「kW/rpm」へ、トルク表示は、「kgf・m/rpm」から「N・m/rpm」へ切り替わった。〈 〉内は、旧単位での参考値。

【関連ニュース】
【新車】スズキ、新型「SV650X ABS」を1/26に発売 伝統的な外観を取り入れたネオレトロスポーツ
【新車】スズキ、ロードスポーツバイク「SV650 ABS」をカラーチェンジし、1/26に発売

情報提供元 [ スズキ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. LS2は、2019年のニューモデルとして『SPITFIRE(スピットファイア)』と『BREA…
  2. 人気の小・中排気量に注目が集まりました ホンダ、ヤマハと続き、今回はスズキの注目されたモト…
  3. ウィズミーは、来年の走行会・スクールのスケジュールを発表した。 耐久レースや気軽に楽し…
  4. ホンダは、2019年1月11日(金)から13日(日)まで千葉県の幕張メッセにて開催される「東…
ページ上部へ戻る