トライアル世界選手権 日本GPのタイトルスポンサーが「ストライダージャパン」に決定

第2戦 ツインリンクもてぎ大会の冠協賛が決定

6月2日(土)・3(日)にツインリンクもてぎで開催される「2018 FIMトライアル世界選手権 第2戦」のタイトルスポンサーが、昨年に引き続き、2~5歳の子どもが乗れるランニングバイク「ストライダー」を日本全国に展開する「ストライダージャパン」となることが決定した。

トライアル世界選手権は、世界各国の大自然の地形を活かした岩場や急斜面をバイクに乗ったまま駆け上り、その技術力を競う「トライアル」の世界トップライダーが集まるシリーズ。

日本ではツインリンクもてぎでのみ開催されており、ハローウッズを中心とした森の中で観戦でき、自然散策とあわせて楽しむことができる。

2018年のFIM トライアル世界選手権には、シリーズ11連覇中のトニー・ボウ選手(Repsol Honda Team)や、2004年に同シリーズで年間チャンピオンを獲得し、2017年は世界ランキング5位に入った日本人ライダー、藤波貴久選手(Repsol Honda Team)らのエントリーが発表されている。

期間中は、他にもバイクファンやファミリーが楽しめる様々なイベントも開催予定。前売チケットに関しては3月10日(土)に発売されるが、詳細は決定次第発表される。

以下プレスリリースより


開催概要

■大会名称
2018 FIMトライアル世界選手権 第2戦 ストライダー 日本グランプリ

■開催日
2018年6月2日(土)・3日(日)

■主催
一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)
株式会社モビリティランド

■冠協賛
ストライダージャパン

■公認
国際モーターサイクリズム連盟(FIM)

情報提供元 [ ツインリンクもてぎ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 年末までの期間限定ビッグチャンス BMW Motor…
  2. 【トライアンフ ストリートスクランブラー】 ディテール&試乗インプレッション ストリート…
  3. 高品質なアフターマーケットマフラーメーカーとして知られているケイ・ファクトリーがリリースした…
  4. 長らくカワサキのミドルクラスを担っていたER-6n。’17年にフルモデルチェンジしZ650を…
ページ上部へ戻る