ハーレーダビッドソン、正規ディーラーのバルコムと広域ネットワークでの連携を強化

ハーレーダビッドソン ジャパンは、正規ディーラーのバルコムモーターサイクル*1との連携を強化し、東京から九州に及ぶバルコムの店舗ネットワークを活かし、今春より相互訪店ツーリングの開催をはじめ、広域型のカスタマーエクスペリエンス提供を支援すると発表した。

*1 バルコムモーターサイクルは、輸入自動車販売をはじめ、飲食業など幅広く展開するバルコムグループの二輪車部門

新しい基地で新たな出会いを

バルコムモーターサイクルは創立50周年を昨年末に迎えた、西日本を代表するハーレーダビッドソン正規ディーラーです。

広島県広島市および福山市、岡山県岡山市、東京都杉並区のこれまでの店舗網に加え、本年5月(予定)に福岡県福岡市西区に新店舗が開業することで、1都3県に5店舗を有する広域型ハーレーダビッドソン正規取扱店となります。

店舗網が広域化することで、バルコムモーターサイクルのユーザーにとっての「新しい基地」が増えることになります。
広域化したことにより例えば、オーナーの方が広島県から東京都、東京都から福岡県に転勤になった際であっても転居時にオーナーの拠り所となる店舗が赴任先にも存在し、職場以外にもハーレーダビッドソンを通して新たな出会いをご提供することが可能です。

また、新しい店舗では広大な敷地を活かすことで余裕をもったレイアウトが可能になり、全てのライダーの為の「基地」として更なるライダー同士のコミュニケーションの場として活用頂けます。

横のつながりを強化した店舗の環境整備と広域化した店舗網による新しい出会いから、店舗間の相互訪問や、県をまたいだツーリングによる観光を推進し、地域経済への貢献やモーターサイクルと共にある暮らしの楽しさを、より多くの方へ発信することを期待しています。

ハーレーダビッドソン ジャパン
代表取締役 グレッグ ウィリスのコメント

全国でも珍しいライダーの為の神社「長笹楽山オートバイ神社」をつくるなど、販売のみならず日本のモーターサイクルカルチャーを牽引してきたバルコムモーターサイクル様の取り組む、広域的なネットワークの構築はオーナー様にとって非常に心強いものだと思います。

今後もバルコムモーターサイクル様をはじめ、他の正規ディーラー様と共に広域的なカスタマーエクスペリエンスとサービスをより充実
させ、日本のモーターサイクルシーンを共に盛り上げ、全ての人の自由への夢の実現の一助になれれば幸いです。

情報提供元 [ ハーレーダビッドソン ジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 「バイク用のライディングブーツ」、みなさんはこのキーワードを聞いて、どのようなブーツを想像し…
  2. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  3. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
  4. MFJは、東北復興の応援を目的としたツーリングイベント「走ろう東北!MFJ 東北復興応援ツー…
ページ上部へ戻る