鈴鹿2&4レースの冠スポンサーが決定!「2018 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース」が4/21・4/22に開催

鈴鹿サーキットは、2018年4月21日(土)・22日(日)に開催する「鈴鹿2&4レース」は、2016年、2017年に引き続き、日本特殊陶業株式会社が冠スポンサーに決定し、「2018 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース」として開催することを発表した。

本大会は、「2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権」と「2018 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ JSB1000クラス」の同日開催となり、二輪・四輪の国内トップカテゴリーのレースが行われる。
各種チケット情報・チケット販売期間については、後日アナウンスされる。

大会概要

■大会名称:2018 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース
■開催日:2018年4月21日(土)、22日(日)
■開催場所:鈴鹿サーキット 国際レーシングコース(2輪 5.821km、4輪 5.807km)
■冠協賛:日本特殊陶業株式会社

▲昨年のJSB1000クラスレース スタートシーン
▲昨年のスーパーフォーミュラ レース スタートシーン

日本特殊陶業株式会社について

1936年に創業し、80年を超える歴史を誇る総合セラミックスメーカー。本社は名古屋市。
内燃機関におけるNGKブランドのスパークプラグ、NTKブランドの排気酸素センサにおいて世界トップシェアを有し、半導体部品におけるパッケージ、機械工具、医療用に用いられるバイオセラミックス、産業用セラミックスなど幅広いラインアップを提供している。
世界中に販売・製造拠点を有し、従業員は14,000名を超える。現在は持続可能な社会における環境エネルギー、次世代自動車、医療などの製品開発にも取り組んでいる。

創立以来、モータリゼーションの発展や進化と共に歩み、モータースポーツにおいても日本、世界の様々なレースで多くのマシンをサポートしている。

【会社概要】
■代表者
代表取締役会長兼社長 尾堂 真一

■本社所在地
愛知県名古屋市瑞穂区高辻町14-18

■資本金
47,869百万円

■連結従業員数
14,926名(2017年3月)

■事業内容
(1) スパークプラグおよび内燃機関用関連品の製造、販売
(2) ニューセラミックおよびその応用 商品の製造、販売、その他

■国内拠点
東京、大阪、名古屋、広島、福岡、仙台、札幌、埼玉、厚木、宇都宮、高崎、浜松

■海外拠点
アジア・オセアニア、北米、中南米、欧州、中東・アフリカ

■公式Webサイト
http://www.ngkntk.co.jp/

情報提供元 [ 鈴鹿サーキット ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2月21日、4月から新しく展開していく販売ネットワーク「ホンダドリーム」の刷新した店…
  2. 箱根ターンパイクは、道路のネーミングライツを、アネスト岩田が取得したことを発表した。これによ…
  3. Monster Yamaha Tech3は、ジョナス・フォルガー選手の欠場を受け、ハフィス・…
  4. ウェビックTV動画で紹介して以来、かなりヒットしているスマホホルダー「Quad Lock(ク…
ページ上部へ戻る