ヤマハ、ペーパークラフト20周年を記念しYA-1を限りなく実写に近い超精密シリーズで再現し公開

ヤマハ発動機は、ウェブサイト内で、ペーパークラフト最新作「超精密ペーパークラフト YA-1」を公開した。

1997年にスタートしたペーパークラフトコンテンツは、今年で20周年を迎えた。今回公開されたYA-1は実車比1/4スケールで、完成時の大きさは全長:495mm/全高:293mmとなり、モデル単体としてはこれまでのクラフトの中で最大サイズとなる。

前後ホイールのスポークを、紙で組み立てるスタンダード版(部品点数:674点)と、糸を使って実車の雰囲気に近づける特別仕様版(同:599点)を準備しており、好みにあわせて選んで組み立てることが出来る。
また、ヤマハ発動機のペーパークラフトでは初となる、糸を使ったホイールについては、組み立て方を分かりやすく説明した動画もウェブサイト内に準備されている。

難易度・満足度は最高クラス 超精密ペーパークラフト YA-1

▲スタンダード版
▲特別仕様版
▲特別仕様版

>>超精密ペーパークラフト YA-1

→全文を読む

関連記事

編集部おすすめ

  1. 自動車用品の企画開発、製造販売のアウトバーンは、バイクの視界が広がる「アウトバーン 広角ドレ…
  2. カワサキモータースジャパンは、2020年モデルとなる「Ninja H2 SX SE」「Nin…
  3. ▲2020 Chieftain Elite インディアンのグローバル・メディアサイトで、202…
  4. 【aprilia SX125】 ディテール&試乗インプレッション 2018年にアプリリア…
ページ上部へ戻る