【新車】カワサキ、2018年モデル「Ninja400/KRT Edition」を2/1より発売

カワサキは、東京モーターショーでワールドプレミアとなっていた2018年型 Ninja 400を2018年2月1日より発売する。

400ccクラスにおいてカワサキが新たに提案するハイパフォーマンススポーツモデルNinja 400。
ライトウェイトとハイパワーに裏づけされた特性が「FUN TO RIDE」の可能性を広げる。軽量トレリスフレームに398cc新設計の高出力エンジンを搭載した。クラス最高レベルを目指した強力なトルクと爽快な加速が体感できる。

また、φ41mmの大径フロントフォークや、ラジアルタイヤなど優れた動力性能を支える機能も充実。さらにLEDヘッドライトユニットやゴールドアルマイト仕上げのフォークキャップがスタイリッシュで迫力あるボディワークを演出した。
優れたコントロール性やアップライトなライディングポジションは、ツーリングからスポーツ走行まで幅広くカバー。高い汎用性、快適性を獲得しながらもさらなるライディングエキサイトメントを追求している。

カラーはメタリックスパークブラック、キャンディバーントオレンジ×メタリックマグネティックグレー、KRT Editionのライムグリーン×エボニーの3色。

Ninja 400

メタリックスパークブラック:699,840円(税込)

キャンディバーントオレンジ×メタリックマグネティックグレー:716,040円(税込)

Ninja 400 KRT Edition

ライムグリーン×エボニー:710,640円(税込)

主な特徴

・パワフルで扱い易い特性の新設計398cc水冷4ストローク並列2気筒エンジン
・ダウンドラフト構造の吸気ライン
・高性能インジェクターとセッティングノウハウにより、サブスロットルを不要とした軽量スロットルボディ
・さらに軽い操作が可能になったニューアシスト&スリッパークラッチ
・乗車時の快適性をさらに高めたニューラジエータファンカバー
・Ninja H2からインスパイアされた新設計の軽量トレリスフレーム
・Ninja H2同様、軽量化と安定性向上の為、採用されたスイングアームマウンティングプレート
・高い剛性と優れた作動性を実現するφ41mmの大径フロントフォーク
・φ310mmの大径ペタルディスクを装備したフロントブレーキ
・φ220mmのペタルディスクを装備したリヤブレーキ
・やや高めの位置に装着され、快適性とスポーティなスタイリングを両立するセパレートハンドル
・軽量、コンパクトな最新ABSユニット
・スタイリッシュで軽量な新作星型5スポークホイール
・軽量且つ高いグリップ力のラジアルタイヤ
・優れた快適性を実現する肉厚な低反発ウレタンシート
・スポーティな印象を与える容量14Lのフューエルタンク
・Ninja H2の要素も取り入れた先進的なデザイン
・シャープなスタイリングに貢献するLEDヘッドライトユニット
・Ninja ZX-10Rのデザインを踏襲したLEDテールランプ
・洗練されたデザインのメーターパネル
・シフトチェンジの確実性を高めるギヤポジションインジケーター
・燃料消費が少ない走行状態にあることを示すエコノミカルライディングインジケーター
・肉抜き加工を施したスポーティなトップブリッジ
・ゴールドアルマイト仕上げのフロントフォークキャップ
・テールカウル下部とタンデムステップに配置された便利な荷掛フック
・標準装備されたヘルメットロック

【ニンジャ400 (2014-):Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

→全文を読む

情報提供元 [ カワサキモータースジャパン  ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  2. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  3. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  4. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
ページ上部へ戻る