サインハウスのLED RIBBON(エル・リボン)ヘッドライトが特許を取得

HIDを凌駕する明るさと放熱技術が特許認定

バイクパーツやバイク用品など、カスタムパーツを製作するサインハウスは、独自製品である「LED RIBBON(エル・リボン)ヘッドライト」が、特許認定されたことを発表した。

エル・リボンは超小型・高輝度のCREE社製LEDチップを採用し、ハロゲンの配光とHIDを凌駕する明るさを誇るヘッドライト。

さらに明るさだけでなく、放熱に拘り抜いて素材を選択し、エル・リボン独自開発の構造・製法とすることで、熱による性能低下と破損から護り、最大限の明るさを手に入れている。

今回、これらの技術が認められ特許を取得。サインハウスより公式発表された。

以下公式サイトより


LED RIBBON特許技術の紹介

1. 超小型高輝度LEDを採用しフィラメントに近い配光と明るさ

超小型3.5mm角で最大約1,500lmの明るさを誇るCREE社製高輝度LEDチップを採用することで、ハロゲンに近い照射配光を実現しました。この照射配光が車検と明るさで重要な要素となります。

ロービームでハロゲンに近いカットラインを再現することで、対向車や歩行者には眩しくなく、カットラインの下側に照射光が集まっていることにより、非常に明るいロービーム照射を実現しています。

171221_08

そこで問題となるのが発熱。
しかし、明るさを追求するためにLEDチップ本来の最大パフォーマンスで点灯させると、発熱量が大きくなり自ら発熱する150℃程度の温度で自身のLEDチップを破損させてしまいます。これがLEDバルブ最大の弱点です。

解決方法は、2つ。 1つ目は、確実に冷却して最大のパフォーマンスを引き出す。 2つ目は、LEDチップ本来のパワーは使わずにスペック値よりもかなり低い電力で発光させて発熱を抑える。

LED RIBBONは、小さいヘッドライトバルブで構築するには超難関な前者を基本としながら、前者と後者両方の技術を高次元で両立させています。明るく発光させる場合の熱によるパフォーマンス低下と破損リスクを回避するため、独自技術で極限まで放熱させています。

明るさを最大限に引き出すことのできる、業界唯一のLEDヘッドライトバルブシステム、それがLED RIBBONです。いかに冷却するか、これが明るさの最大のカギとなります。

→全文を読む

情報提供元 [ サインハウス ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る