ヤマハ、インドのモーターサイクル「FZ25」が「CII DESIGN EXCELLENCE AWARDS」を初受賞

「CII DESIGN EXCELLENCE AWARDS」を初受賞
「Mobility Design」カテゴリにインドのモーターサイクル「FZ25」

ヤマハ発動機のインド子会社India Yamaha Motor Private Limitedが生産・販売するモーターサイクル「FZ25」が、インドの産業界団体が主催するデザイン賞「CII DESIGN EXCELLENCE AWARDS」に初応募で初受賞した。

今回の受賞は「Two-wheelers Commercial」部門から「Mobility Design」カテゴリでの受賞となった。
同賞は、インドで製造または販売されているものを対象としたデザイン賞で、2011年の設立から、今回で7回目の開催。

「FZ25」は、走りの楽しさと燃費・環境性能の両立を具現化する“BLUE CORE”の 250cc新エンジンを搭載したストリートモデルのモーターサイクルだ。
2008年から導入したFZシリーズは、インド市場では比較的高価格カテゴリの製品だが、若い顧客の支持を得て、発売以来の累計販売が150万台と、人気のモデルとなっている。インド市場で拡大の兆しを見せる高価格帯の販売拡大を目指すモデルの一つだ。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  2. 日本自動車工業会(以下自工会)は、2018年10月6日(土)~8日(月・祝)に、東京臨海副都…
  3. スズキは、10月2日よりドイツ・ケルンで開催される「インターモト2018」に向け、「“斬”F…
  4. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
ページ上部へ戻る