NEXCO中日本、五平餅?パン?NEOPASA岡崎に新名物が誕生!南山大学生が「パンのトラ」と商品開発

郷土の味を活かした新名物

NEXCO中日本 名古屋支社と中日本エクシス 名古屋支店は、名古屋銀行のマッチングにより、南山大学経営学部およびトラムスコープ(店舗名:パンのトラ)と、新商品「いっぺん食べてみりん、五平パン」を開発し、12月22日(金)より「パンのトラ」NEOPASA岡崎店の限定商品として発売すると発表した。

この商品開発は、三河地方の郷土色あふれる新商品の開発を目指してスタート。南山大学経営学部の学生が、「パンのトラ」NEOPASA岡崎店の商品やお客さまの動向について分析するなどマーケティングを担当した。

「パンのトラ」とともに試行錯誤を繰り返した結果、サービスエリア・パーキングエリアの人気テイクアウトフードであり、三河地域の名物である「五平餅」にそっくりなパンが誕生した。
なお、発売を記念して12月22日(金)~24日(日)はNEOPASA岡崎にて五平パンの特設コーナーを設け、商品開発に携わった学生自らが商品を販売する。

商品概要

■商品名
いっぺん食べてみりん、五平パン

■発売日
2017年12月22日(金)

■エリア
E1A 新東名高速道路 NEOPASA岡崎(集約)「パンのトラ」

■概要
三河地方の五平餅をイメージした見た目にも楽しいパン。
ふわもちの生地にはアクセントに五穀米を混ぜ込み、プチプチした食感が楽しめます。
特製のたれには岡崎名物八丁味噌をふんだんに使用し、濃厚な甘辛味噌の風味が口に広がります。

■価格
230円(税込)

→全文を読む

情報提供元 [ NEXCO中日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  2. 日本自動車工業会(以下自工会)は、2018年10月6日(土)~8日(月・祝)に、東京臨海副都…
  3. スズキは、10月2日よりドイツ・ケルンで開催される「インターモト2018」に向け、「“斬”F…
  4. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
ページ上部へ戻る