ホンダ、10年ぶりに全日本ロードと鈴鹿8耐へのワークス参戦復帰を決定

ホンダは、2018年シーズンのMFJ※1全日本ロードレース選手権(以下、JRR)のJSB1000クラスと、FIM※2世界耐久選手権 鈴鹿8時間耐久ロードレース(以下、鈴鹿8耐)にワークスチーム「Team HRC」として参戦することを決定した。

JSB1000クラス2連覇と鈴鹿8耐優勝を目指す

ワークスチームとして、JRR JSB1000クラスおよび、鈴鹿8耐に参戦するのは2008年以来、10年ぶりとなる。
CBR1000RRをベースとしたワークスマシンを投入し、HRCライダーの高橋巧がJSB1000クラス2連覇と同時に、鈴鹿8耐での優勝を目指す。

■本田技研工業株式会社 執行役員 ブランド・コミュニケーション本部長 森山克英のコメント
Hondaワークスチームで参戦し、頂点を目指しチャレンジすると共に、ライダー、チームの人材育成にもつなげていきたいと思います。これからも、モータースポーツファンの皆様のご期待に応えられるように頑張ってまいりますので、Hondaチームへのご声援をよろしくお願いします。

■株式会社ホンダ・レーシング 代表取締役社長 野村欣滋のコメント
国内ロードレースの最高峰クラスであり、2018年は全9戦中、13レース※3が開催され、ますます激しい争いが見込まれるJRR JSB1000クラスと、鈴鹿8耐という厳しいレースに、ワークスチームとして10年ぶりに参戦します。Team HRCはチャレンジャーとして、一丸となって勝利を目指してまいります。皆様のご声援をよろしくお願いします。

※1 MFJとは、Motorcycle Federation of Japan(一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会)の略称
※2 FIMとは、Federation Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称
※3 JSB1000クラスは、第1戦、第2戦、第4戦、第7戦、第9戦(最終戦)は2レース制で開催(第5戦はJSB1000開催なし)

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 小柄な女性でも足つきの不安を解消! K-FACTORYから新型セロー250用のリンクプレー…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 初の冬季開催決定! 国内最大級のバイクイベント「2り…
  4. ※車輌画像は海外仕様。国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 インディアンモータ…
ページ上部へ戻る