台湾キムコ 創立50周年記念モデル「AK550」の販売台数が8,000台を突破

▲AK550

台湾生産の大型車として記録的な販売台数を達成

台湾最大のモーターサイクルメーカーKYMCO GROUPが、創立50周年を記念し開発したプレミアムスクーター「AK550」が、2017年11月末までに世界販売台数が8,000台に達した。

AK550は、ヨーロッパの主要マーケット(イタリア、フランス、スペイン、ドイツなど)で 2017年4月より順次販売を開始、台湾国内では2017年6月より販売が開始されたが、台湾国内においては発売よりわずか半年の間に1,000台を販売し、当初の販売計画を大きく上回った。台湾国内生産の大型車としては記録的な販売台数を達成している。

以下プレスリリースより


「AK550」が好調なセールスを記録しているキムコでは今後、大型モデルの拡充やEVの画期的ソリューション「プロジェクト NEX」、IoV テクノロジー「noodoe」へのナビゲーションシステムアップデート提供などをアナウンスしており、これらの新製品およびサービスの詳細は2018年3月に開催される、東京モーターサイクルショーでの発表を予定しています。

▲noodoe イメージ

つながるスクーター KYMCO noodoe

KYMCO noodoe 使用例

キムコでは革新的な技術により、モーターサイクルに新たな価値を付加し、より多くのお客様に満足して頂ける製品作りに努めてまいります。

次なるステージへの挑戦

キムコブランドを展開する光陽工業は、1964年に台湾・高雄市で創立、日本ブランドとの技術提携による二輪車のOEM生産と台湾国内販売を行ってきましたが、1992年に社名『Kwang Yang Motor CO.,Ltd.』の頭文字をとって「KYMCO」ブランドを設立し、グローバルマーケットへと進出しました。

世界進出より25年が経った2017年現在、キムコ製品は世界102の国と地域で販売され、2016年の世界販売台数は120万台を超えるまでに成長しており、スペインでは新車販売シェア第1位(占有率20%)、イタリアでは第3位(占有率 17%)を記録するなど、モーターサイクル文化の進んだ欧州マーケットにおいても大きな成功を収めています。

キムコでは、これまで2輪製品については50cc~400ccのスクーターを中心に販売してきましたが、2017年のミラノショー「EICMA」で発表した3輪コンセプトモデル「CV3」や、新型「XCITING S400」など、コミューターとしてだけでなく、ホビーやレジャー用途にも対応可能な大型クラスのモデル開発と投入を積極的に行い、新たな顧客層の開拓に取り組んでいきます。

情報提供元 [ KYMCO ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ヤマハ TZR250R(※イメージ画像) 2スト車を中心に計5台の絶版車をラインナップ 東…
  2. エビスサーキットとナップスは、ライダーを対象とした福島復興支援イベント「福島モトフェス」を9…
  3. スズキは、2ストローク84cm3モトクロッサー「RM85L」のカラーリングを変更し、9月21…
  4. スズキは、軽量で高性能なスーパースポーツバイク「GSX-R125 ABS」のカラーリングを変…
ページ上部へ戻る