【新車】ベスパ、「GTS 150 Super/GTS 300 Super」を発売 伝説的なスタイルと快適性を両立

▲GTS 300 Super

ベスパのグランツーリスモモデルが進化!

ピアッジオグループジャパンは、「GTS 150 Super」と「GTS 300 Super」を国内発売し、2018年1月より出荷を開始する。

ベスパの最上級クラスであるGTSファミリーに、アイドリングストップ機能採用の新設計150㏄水冷エンジンを搭載した「GTS 150 Super」。パワフルかつ信頼性の高さで定評のある、熟成の300㏄水冷エンジンを搭載した「GTS 300 Super」。

▲GTS 150 Super

▲GTS 300 Super

2003年のベスパGT125/200の登場をきっかけに誕生したラージベスパファミリーは、それまでのモデルと比べひと回り大きく、便利で、快適なツーリング適性を兼ね備え、パワフルなエンジンによって快適性を発揮し続けてきた。

程よいボディサイズを持ち、快適で親しみやすいGTSは、都会的な優雅さとセンスを融合させ、新GTS Superシリーズとして走り出す。

なお発売を記念して、2018年3月31日(土)までの間、全国のベスパ正規販売店にて対象モデルを成約すると、もれなく全員に3万円分の純正アクセサリーをプレゼントする全国統一キャンペーンが開催される。

GTS 150 Super

メーカー希望小売価格:548,000円(税込)

モンテホワイト

スペランツァグリーン(新色)

バルカンブラック

マットレッド(※受注生産)

GTS 300 Super

メーカー希望小売価格:698,000円(税込)

モンテホワイト

スペランツァグリーン(新色)

ジェラシーイエロー(新色)

チタングレー(※受注生産)

GTS 150 Super/GTS 300 Super 車体情報

ベスパGTSは、強靭なスチール製ボディの造形に伝統とモダンなバランスが与えられ、伝統に倣って常に進化してきたモデル。ラージボディベスパの明確な特徴を維持していながらも、重要なデザイン上のアップデートが数多く行われている。

フロントフェンダー上のモダンなデザインのオーナメント、クリアレンズが特徴的な前後ウインカー、フロントフェンダー上のモチーフにもリンクするクロームメッキトリムで高級感を増したリアランプを備えている。

GTS 150 Super スペック

エンジン

■形式:i-get 4ストローク水冷単気筒 SOHC4バルブ「スタート&ストップ」システム付
■総排気量:155cc
■ボア×ストローク:58mm×58.7mm
■最高出力:14.4HP(10.8kW) / 8,250rpm
■最大トルク:13.5Nm/ 6,750rpm
■燃料システム:電子制御式燃料噴射システム
■トランスミッション:自動無段階変速(CVT)
■クラッチ:自動遠心乾式クラッチ

車両

■フレーム:スチールモノコック
■フロントサスペンション:片持ちリンクアーム油圧式サスペンション
■リアサスペンション:4段階スプリングプリロード調整機構付きツインショックアブソーバー
■フロントブレーキ:油圧式220mmステンレススチール製ディスクABS
■リアブレーキ:油圧式220 mm ステンレススチール製ディスクABS
■フロントタイヤ:120/70-12
■リアタイヤ:130/70-12

寸法

■全長/全幅/全高:1,950mm/740mm/1,190mm
■ホイールベース:1,350mm
■シート高:790mm
■車両重量:140kg
■燃料タンク容量:7(±0.5) リッター
■製造国:ベトナム

GTS 300 Super スペック

エンジン

■形式:Quasar 4ストローク水冷単気筒 SOHC4バルブ「スタート&ストップ」システム付
■総排気量:278cc
■ボア×ストローク:73mm×63mm
■最高出力:121HP(15.6kW) / 7,750rpm
■最大トルク:22Nm/ 5,000rpm
■燃料システム:電子制御式燃料噴射システム
■トランスミッション:自動無段階変速(CVT)
■クラッチ:自動遠心乾式クラッチ

車両

■フレーム:スチールモノコック
■フロントサスペンション:片持ちリンクアーム油圧式サスペンション
■リアサスペンション:4段階スプリングプリロード調整機構付きツインショックアブソーバー
■フロントブレーキ:油圧式220mmステンレススチール製ディスクABS
■リアブレーキ:油圧式220 mm ステンレススチール製ディスクABS
■フロントタイヤ:120/70-12
■リアタイヤ:130/70-12

寸法

■全長/全幅/全高:1,950mm/755mm/1,190mm
■ホイールベース:1,375mm
■シート高:790mm
■車両重量:160kg
■燃料タンク容量:8.5(±0.5) リッター
■製造国:ベトナム

GTS 150 Super/GTS 300 Super 特徴

伝説的なスタイルと快適性

GTS Superシリーズは、広いヘルメット収納スペースとより一層快適性を増したライディングポジション、そして数々の情報を提供する最新世代メーターパネルを備えている。

コンパクトでありながら多彩な情報を提供する往年の扇型デザインを踏襲するデジタルメーターは、アナログなスピードメーターと小さな多機能デジタル表示パネル、それを囲むおよそ6個の警告灯で構成されている。表示される情報には燃料計、時計、ツイントリップメーターも含まれる。

新しいシリーズは、レッグシールドのコンパートメント内にUSB給電ポートを標準装備しており、ウィンカーと一体になったポジショニングランプはLED式が採用されている。

エルゴノミクスを考慮した自然なライディングポジションは、すべてのベスパを常に快適に、気持ち良く走り、あらゆる面で扱いやすくすることに貢献している。

ベスパGTSのシートは、白のパイピングが施され、新しい表皮によって優れた快適性とスポーティーさを提供。シート下スペースは、ジェットヘルメット+アルファの収納を可能。レッグシールド内側のポケットには、メガネや書類、携帯電話といった小物を収納するのに便利。さらに、レッグシールド内側の上部に設けられたハンドバッグフックも便利な装備だ。

エンジン

ベスパGTS 150 Superは、新設計の水冷式4ストローク4バルブ155cc単気筒エンジンと電子制御フューエルインジェクションを組み合わせ、そしてベスパ初となるアイドリングストップ機能「スタート&ストップ」システムを備えた最先端バージョンとなる、極めて近代的で技術的に進化したi-getエンジンを搭載している。新型エンジンは、定期メンテナンスサービスのインターバル延長を果たしている。

エンジンオイルフィルターは1万kmごとの交換とし、バルブクリアランスは2万kmごとに調整。各コンポーネントの最適化により、総合的な燃料消費量が減少した。40km/hで記録された燃費は、ローラーベンチテストで56km/L、WMTCサイクルで41.2km/Lに達している。

▲GTS 150 Super

ベスパGTS 300 Superは、熟成の4ストローク4バルブ278cc単気筒、電子制御インジェクション採用のQuasar(クオーサー)エンジンを搭載したモデルで、最高出力15.6kW(21.1 HP)/ 7,750rpm、最大トルク22Nm / 5,000rpmを発生。

これは、高い加速性能とあらゆる面で気持ち良いパフォーマンスを発揮する数値で、一人乗り、二人乗りを問わず常に快適で、市街地から長距離ツーリングまで幅広く対応した理想的なモビリティだ。

▲GTS 300 Super

最先端テクノロジー

ピアッジオグループは、ホイールスピンを抑制するASR(アンチスリップレギュレーション/ 電子制御トラクションコントロール)をスクーターで初めて導入した。かつてはハイエンドモーターサイクルにしか採用されなかった装備だが、GTS 300 Superに標準装備されている。

電子制御パッケージにはABSアンチロックブレーキングシステムも含まれる(GTS 150 Superにも装備)。

情報提供元 [ Vespa ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. トライアンフモーターサイクルズジャパンは、2年連続で過去最高の年間登録台数を達成し、2017…
  2. ユーザー:ninariさん 車種名:KAWASAKI エストレヤ 今回は、…
  3. Webikeコミュニティ「今週のGOOD!インプレッション」から、ピックアップしてご紹介! 今…
ページ上部へ戻る