使用者の9割がハッピーに!SP忠男のパワーボックスは何故これほど支持されるのか?

お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み、よく耳にします。

昨今の排ガス規制強化などに伴い、エンジン出力特性が理想通りではない状態になっていることも事実です・・・。特に125-250ccクラスでは、低中速のトルクが足りないと乗り味の不満につながるものです。

「かといって、高価なマフラーに交換する予算は無いし、セッティングとか面倒くさいなぁ」「音が大きくなるのもご近所の目が気になるし・・・」
なんて、気持ちも良くわかります。

今回はそんな悩みをバッチリ解決する「SP忠男 POWER BOX パワーボックス エキゾーストパイプ」の魅力に迫ります!

パワーボックスって名前は聞いたことあるけど・・・

「パワーボックスって”ポコッ”と何かくっついてるエキパイでしょ、そんなに良いのかなぁ」
そんな疑問をお持ちの方はぜひ続きをご覧ください!

→全文を読む

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
  2. BMWは、同社の扱うBMW Motorradの誕生95周年を記念して、2018年4月に開業…
  3. 【カワサキ KLX150】ディテール&試乗インプレッション タイカワサキ製のKLX150は…
  4. さらに魅力的で個性的な雰囲気に ドゥカティは、スーパースポーツのカラーラインナップに、…
ページ上部へ戻る