【丸山浩の試乗インプレ】YAMAHA XSR900 現代版RZ350?激しくも楽しいネオレトロマシン

【丸山浩:モーターサイクルジャーナリスト】

Webikeをごらんの皆さんこんにちは、丸山浩です。

今回は、MOTOR STATION TV人気企画「上信越道ぶらり旅 XSR900」より、バイク旅インプレをお届けします。

乗るほどに思い出す、ヤマハRZ350のドキドキ感

車両は、ヤマハMT09に積んでいる、激しくも楽しい900cc・3気筒エンジンの特性を生かしたネオレトロマシン。
昔を懐かしむと言ったところでは、やんわりとしたマシンに思うかもしれませんが、私としては乗れば乗るほど、1980年代に登場したヤマハRZ350を思い出します。

当時、まわりからの評判も含め、RZに跨がってもアクセルを開けるのをためらったものですが、しかし「その過激さを、どこかで全開にしてみたい…」そんな当時のドキドキ感を伝えてくれるところが、このXSRにはあります。
RZは、過激なエンジンに比べ、足回りの貧弱さで、さらにピーキーな特性を体感させられていましたが、しかし現代のXSR900においては、しっかりとした旋回力が有り、ハンドリング、そしてブレーキ性能とのバランスも取っているので、安心して乗ることができます。

ちょっとリヤサスペンションの設定が硬く感じ、乗る位置も腰高感が強いのですが、ここは先に出ていたMTシリーズとの棲み分けなので、柔らかめの乗り味が好みであれば、MT09を選ぶことをオススメします。

XSR900でタンデムライド!

私のバイク試乗インプレでは、必ずタンデムを行うにしているのですが、XSRのタンデムはちょっと苦手かなと思いつつ、いつものようにしっかりやってきました。
普段は編集部のオジサンを乗っけてテストしているのですが、このぶらり旅では、自らのディレクション特権乱用で、女の子とのタンデム。

グラブバーが無かったり、シート形状やその堅さから、多少苦手な面が顔を出しますが、それがまた最高に楽しくもあります。
もちろん番組上、演出で行っているところではありますが、半分くらいは素で喜んでいるバイク乗りの性を観て感じていただければ、皆さんのバイクの楽しみがもっと増えるのではないでしょうか。

【関連ニュース】
◆【丸山浩の試乗インプレ】SUZUKI V-STROM250 完成度の高い、オールラウンドな誰にでも扱えるアドベンチャーバイク
◆ヤマハ「XSR900」が7つ目のデザイン賞を受賞 国際的デザイン賞「German Design Award」で”Winner”に選出
◆【新車】ヤマハ、「XSR900 ABS」“Neo Retro”ロードスポーツの新色を11/6に発売
【XSR900:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る
◆相場や新車・中古車一覧
丸山 浩

丸山 浩 モーターサイクルジャーナリスト

投稿者プロフィール

1964年1月10日生まれ、東京出身・身長168㎝体重62㎏・国際A級ライダーとして全日本ロード、鈴鹿8時間耐久レースなど豊かなレース参戦経験をもち、4輪シーンにおいてもスーパー耐久シリーズを自らのチームを率いて出場するなど、現在に至るまで2輪4輪の現役プロレーサーを努める。
さらにモータージャーナリストとしての一面も持ち、各種誌面企画記事、またDVD製作、イベント・TV番組プロデューサーとしても活動。
現在、株式会社WITH MEの代表としてモータースポーツ文化を広めるべく多忙な日々を過ごす。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. トライアンフは、12月15日(土)より2019年モデル「Street Scrambler」を…
  2. トライアンフは、12月15日より2019年モデルNEW Street Twinを発売すると発…
  3. アウトドア用品の中でも、マルチツールの王道として知られるLeatehrman(レザーマン)。…
  4. カワサキモータースジャパンは、「Ninja H2 CARBON」と、クローズドコース専用モデ…
ページ上部へ戻る