2018年シーズンに中上貴晶選手が駆るマシンのカラーリングが初公開

新カラーのRC213Vで上位入賞を目指す!

2017年12月3日(日)にツインリンクもてぎ(栃木県)で行われた「Honda Racing THANKS DAY 2017」で、2018年シーズンからロードレース世界選手権MotoGPクラスに昇格してフル参戦する、中上貴晶選手の新シーズン用マシンのカラーリングが初めて披露された。

中上選手は2018年シーズンに、エルシーアール・ホンダ・イデミツ(LCR Honda IDEMITSU)に所属し、Honda RC213Vを駆ってMotoGPクラスでの上位入賞を目指す。

なお、今回披露したマシンは市販車のRC213V-Sにレースキットを装着したものに、2018年シーズンのカラーリングを施したものとなっている。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る