【丸山浩の試乗インプレ】SUZUKI V-STROM250 完成度の高い、オールラウンドな誰にでも扱えるアドベンチャーバイク

【丸山浩:モーターサイクルジャーナリスト】

Webikeをご覧の皆さん、こんにちは丸山浩です。

1988年、2輪国際A級昇格と同時にジャーナリストとしても活動を開始して早30年近く。10年後の1997年には4輪のレース、ジャーナリストとしても活動し、今では2輪4輪問わず、レース、そしてモータージャーナリストとして各誌への寄稿を行ってます。

またYouTube上で放送しているモータースポーツ番組「MOTOR STATION TV」でも、各ニューモデルを取り扱い、その中から実際に乗ってみて、自分が気に入っている車両達の紹介を、Webikeさんのページをお借りしてご紹介して行きたいと思います。

今回はその第一弾として、SUZUKIのVストローム250を紹介。
2017年3月に開催されたモーターサイクルショーにて、まだ発売決定前の車両を取材させて頂いたのが初めての出会いでした。

本格的なアドベンチャースタイル

一目で気を引くのは、やっぱり大きなパニアケース付きで展示されていたこと。
アルミカバーをまとった四角いサイドパニアは本格的なアドベンチャースタイルを実現。TOPケースまでが、カチッと四角くヘルメットまで入る大きさで用意されている。さらにワンタッチの取り外し式だ。

賛否両論あるかもしれないが、大きな面玉のヘッドライトも、デザートレース用に見立てられたサーチライトのようで、丸山的にはけっこう気に入っている。

さて形こそは本格的アドベンチャーバイクに仕上がっている(ここは大事)が、実力のほどはいかに!?気になっていたので、即効林道に持ち込んだ。

林道もなんのその!

ロードタイヤ設定のため、あまりハードな林道は難しいかと思われるかもしれないが、実際にダートに入ってみれば、車体の軽さと足着きの良さから、深い林道も何のその。

素人っぽいが、足を出しながらの走破性はすこぶるいい。テストをすればするほど、あのモーターサイクルショーで出逢った印象よりも、さらに惚れ込んでしまう。

V-STROM250フルパニア
丸山浩の速攻インプレに○か○ちゃんの気配!?

Vストローム250は、「形を本格的に。走りは誰にでも扱える」という、狙い所が素晴らしく、そして完成度も高い250ccだ。

アドベンチャーバイクは、バイク歴20年以上のベテラン勢に、という感じがあったのだが、こいつは「初めてのバイクがアドベンチャー」という図式を成り立たせてくれる。

まずは、そのオールラウンドな走りを見てほしい。

動画インプレッション

【Vストローム250:オススメ関連情報】
◆スペック、車種別パーツなど詳細情報を見る
◆相場や新車・中古車一覧
丸山 浩

丸山 浩 モーターサイクルジャーナリスト

投稿者プロフィール

1964年1月10日生まれ、東京出身・身長168㎝体重62㎏・国際A級ライダーとして全日本ロード、鈴鹿8時間耐久レースなど豊かなレース参戦経験をもち、4輪シーンにおいてもスーパー耐久シリーズを自らのチームを率いて出場するなど、現在に至るまで2輪4輪の現役プロレーサーを努める。
さらにモータージャーナリストとしての一面も持ち、各種誌面企画記事、またDVD製作、イベント・TV番組プロデューサーとしても活動。
現在、株式会社WITH MEの代表としてモータースポーツ文化を広めるべく多忙な日々を過ごす。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ナイトロンジャパンは、大人気モデルのZ900RSに、カフェレーサースタイルを取り込んだ「Z9…
  2. 2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念…
  3. NEXCO東日本北海道支社は、北海道胆振東部地震からの観光復興応援として、より多くの人がお得…
  4. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
ページ上部へ戻る