2018年MFJ全日本ロードレース選手権 開催カレンダーが発表

171201_36

全9大会、開幕はツインリンクもてぎ、JSB1000は全13レース

2018年MFJ全日本ロードレース選手権カレンダーが発表された。

それによると、開幕戦は4月8日(日)のツインリンクもてぎ(栃木県)。全クラス(JSB1000、J-GP2、ST600、J-GP3)の開催で、JSB1000クラスは決勝2レースとなる。続く第2戦は4月22日(日)の鈴鹿2&4(三重県)でJSB1000のみ開催されるが、ここでも決勝2レースだ。

また、その他に2&4レースが2戦あり、JSB1000はシリーズ全9戦中で決勝2レース制が全5戦予定され、全13レースと一気にレース数が増えることになった。

→全文を読む

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. サインハウスは、Lambretta(ランブレッタ)のライセンスグッズを発売した。 今回…
  2. ナイトロンジャパンは、英国生まれのスタイリッシュカフェレーサー“TRIUMPH THRUXT…
  3. 鈴鹿サーキットは、「”コカ・コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース」の、2019年および202…
  4. 【ホンダ モンキー125】ディテール&試乗インプレッション 誕生から50周年を迎えた2…
ページ上部へ戻る