2018年MFJ全日本ロードレース選手権 開催カレンダーが発表

171201_36

全9大会、開幕はツインリンクもてぎ、JSB1000は全13レース

2018年MFJ全日本ロードレース選手権カレンダーが発表された。

それによると、開幕戦は4月8日(日)のツインリンクもてぎ(栃木県)。全クラス(JSB1000、J-GP2、ST600、J-GP3)の開催で、JSB1000クラスは決勝2レースとなる。続く第2戦は4月22日(日)の鈴鹿2&4(三重県)でJSB1000のみ開催されるが、ここでも決勝2レースだ。

また、その他に2&4レースが2戦あり、JSB1000はシリーズ全9戦中で決勝2レース制が全5戦予定され、全13レースと一気にレース数が増えることになった。

→全文を読む

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. トリックスターは、新型ニンジャ250/400用のバックステップを発売した。 トリックス…
  2. 海に浮かぶ豪華客船がさらにラグジュアリー感あふれる空間に NEXCO東日本 東京湾アク…
  3. エンジンを懐に抱えて走るのがバイクの魅力。じゃあ、他の業界のエンジンはどうなってるの? とい…
  4. 二輪パーツの製品開発を行うビトーR&Dは、カワサキ Z900RS用の「JB-POWER 中空…
ページ上部へ戻る