KTMから新型「790DUKE」がデビュー!並列2気筒ミドルネイキッドの狙いとは…

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

KTMから2018年ストリートモデルとして「790DUKE」が発表された。
昨年の2016年のミラノショーで発表され話題を呼んだプロトタイプの「KTM 790 DUKE-The Scalpel」がいよいよ製品化されるわけだ。

【関連ニュース】
【新車】KTM、2018年ストリートモデル「790 DUKE」を発売

並列2気筒のまったく新しいモデル

KTMのリリースなどによると、790デュークは完全新設計のスポーツネイキッドモデルである。注目すべきはエンジンで、KTM初の水冷並列2気筒を搭載していること。

KTMといえば伝統のエンデューロモデル690系をベースとする水冷単気筒のLC4エンジンと、ビッグアドベンチャー系の1090および1290が搭載する水冷VツインのLC8エンジンが有名で、オンロード、オフロードを含めて大排気量ストリートモデルはこの2系統に分類されていた。

それぞれ長い年月をかけて熟成されてきたユニットで、現行スポーツネイキッドで言えば690デュークと1290スーパーデュークRがそれぞれこれに当たる。

狙いはパワーと軽量化のバランスか!?

ところが、今回790デュークに投入されたのは“KTMらしくない”並列2気筒だ。

コンパクトを意味するらしい小文字のCが付いた「LC8c」エンジンは水冷並列2気筒799cから最高出力105psを発揮するということで、なかなかのハイスペックである。
写真で見ると、非常にコンパクトで単気筒並みのスリムさだ。多気筒化によりパワーを稼ぎたいが、LC8ベースのVツインではサイズと重量が大きくなってしまうことを避けるために選択したレイアウトに違いない。

最先端シャーシが生み出す高次元の走り

もうひとつ、特徴的なのがフレーム。他のデュークシリーズが採用しているトレリスタイプとは異なり、一本のメインビームでエンジンを吊り下げるダイヤモンドタイプに見える。おそらくはエンジンを剛性メンバーとして活用することで軽量化を図ったものと思われる。

ちなみに車重は169㎏と690デュークから20㎏増しで、ホイールベースは1475mmと比較的長めの設定となっている。リリースには「パワーの正確性」や「バランス」という言葉が並んでいることからも、軽量な車体と程よいパワー、最先端のシャーシを組み合わせることで、コントロール性に優れるベストバランスの走りを狙ったモデルと言えそうだ。

プロモーション映像でそのアグレッシブな走りをぜひチェックしてみてほしい。

KTMらしい足長ルックで電制も充実

その他の装備としては、前後サスペンションはKTM傘下のWP製の倒立フォークとモノショックの組み合わせで、ストローク量もフロント140mm、リヤ150mmと通常のオンロードモデルより豊富に与えられているところも元々がオフロード車の名門であるKTMならではだ。

フロントブレーキは4ピストンラジアルマウント式のφ300mmダブルディスクで、ボッシュ製9MP2チャンネルABSを標準装備。スーパーモトモード(ABS)とPASC アンチホッピングクラッチ搭載ということで過激なアクションも前提にしている。

電子制御システムも最新版のライドバイワイヤーによるライドモードやトラクションコントロール、アップ&ダウンシフター、統合接続オプションなども搭載されている。

最新デザインとアグレッシブなライポジ

デザインは他のKTMモデル同様、KISKAによる先鋭的なフォルムが特徴。スラントノーズのLEDヘッドライトや新しいフレーム形状とともに、シートレールに沿うようにコンパクトに収められたアップマフラーが印象的だ。

また、ライポジに関しては写真で見る限り、他のデュークシリーズよりハンドル位置が低い前傾スタイルになる模様。シート高は825mmとスポーツモデルとしては標準的な設定だ。

同エンジン搭載のミドルアドベンチャーにも期待

排気量が600ccから900cc程度のオーバーミドルクラスは最近各メーカーが力を入れているセグメントである。
オーバーリッタークラスのハイエンドマシンは性能的にも価格的にも日常からかけ離れたレベルになりつつある昨今、ユーザーの目線は「扱い切れる程よい性能」に向いてきていることも大きい。
同じ並列2気筒を搭載するBMWのFシリーズやドゥカティのモンスター797/821シリーズ、国産勢でもこのクラスに新型ネイキッドモデルを続々投入している。

▲BMW F750GS

▲ドゥカティ Monster821

また、KTMとしてのブランド展開を考えれば、790デュークのエンジンを搭載したBMWの新型F750/850に対抗できるミドルクラスのアドベンチャーモデルを準備していることは明らかだ。その意味でも今後の動向に注目していきたいモデルである。

KTMジャパンの公式サイトには既にニューモデルとして790デュークの情報がアップされているが、発売日や価格は未定。生産準備が整い次第発売されるということだ。

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【丸山浩:モーターサイクルジャーナリスト】 Webikeをごらんの皆さんこんにちは、丸山浩…
  2. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  3. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る