【新車】ホンダ、「リード125」の外観を一新するとともに、仕様と装備を充実させ発売

Hondaは、優れた実用性とスタイリッシュなデザインが好評の原付二種スクーター「リード125」にLEDヘッドライトを採用するなどシャープで高級感のある外観に一新し、新たにツートーンカラーを採用するなど仕様と装備を充実させ、平成28年排出ガス規制対応を施して12月8日(金)に発売する。

通勤や通学、レジャーなど様々な場面に

今回、省エネルギーで長寿命なLEDヘッドライトを採用し、フロントインナーボックス内にスマートフォンなどを充電できるアクセサリーソケットを装備し、フロアステップ後部を左右合わせて30mm絞り込み、停車時に足を着きやすくする事で、日常での使い勝手を高めた。

低フリクション技術とアイドリングストップシステムによる優れた燃費性能と環境性能、力強い出力特性を実現する水冷・4ストローク・OHC・単気筒125ccエンジン「eSP(イーエスピー)」※1を搭載。シート下のラゲッジボックスはヘルメットを2個収納できる37L※2の大容量を確保するなど、通勤や通学、レジャーまでさまざまな場面での使い勝手に優れ、幅広い客層に支持されている原付二種スクーター。

※1 enhanced(強化された、価値を高める)Smart(洗練された、精密で高感度な)Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用エンジンの総称。

※2 Honda測定値。ラゲッジボックスには、ヘルメットの形状・大きさによっては入らない場合がある。

スタイリッシュなデザインを際立たせるツートーンのボディーカラー

「リード125」のスタイリッシュなデザインを際立たせるツートーンのボディーカラーを設定。
ツートーンタイプは、シート下部のセンターカバーおよび、ロアカバーの一部を「フォースシルバーメタリック」にすることでより軽快な印象としたほか、2色の表皮(ブラック×グレー)に赤のステッチをあしらったシートを採用。
フロントフォークアウターチューブとホイールカラーをブラックに、フロントブレーキキャリパーとリアサスペンションスプリングのカラーをレッドに変更することで、スポーティーなイメージとしています。

リード125のカラーバリエーション

・ランベントシルバーメタリック
・パールメタロイドホワイト
・ポセイドンブラックメタリック
・キャンディラスターレッド(ツートーン)
・パールメタロイドホワイト(ツートーン)
・エグザルテッドブルーメタリック(ツートーン)


販売計画台数(国内・年間)
7,000台

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
リード125
309,960円(消費税抜き本体価格287,000円)
リード125(ツートーン)
313,200円(消費税抜き本体価格290,000円)
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る