テッパンの王道ネイキッドCB400SF・SBがモデルチェンジを実施し、1300シリーズ同様に細部の熟成を受けた。東京モーターショーを前に正式発表された新型’18年モデルを旧型と並べて徹底比較する。

1300cc同様に各部の熟成を受けた

ライバルがこぞって生産終了し、今や貴重な直4・400ネイキッドとなったCB400SF&SBも新型にモデルチェンジだ。

SFに兄貴分1300と同じ丸型LEDヘッドライトを採用したほか、SBとも共通で3㎰のパワーアップを実現。新マフラーは、同時に直4らしい伸び感のあるサウンドも実現した。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  2. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
  3. MFJは、東北復興の応援を目的としたツーリングイベント「走ろう東北!MFJ 東北復興応援ツー…
  4. 【ホンダ CG125】ディテール&試乗インプレッション アジアンな雰囲気が漂うCG125と…
ページ上部へ戻る