テッパンの王道ネイキッドCB400SF・SBがモデルチェンジを実施し、1300シリーズ同様に細部の熟成を受けた。東京モーターショーを前に正式発表された新型’18年モデルを旧型と並べて徹底比較する。

1300cc同様に各部の熟成を受けた

ライバルがこぞって生産終了し、今や貴重な直4・400ネイキッドとなったCB400SF&SBも新型にモデルチェンジだ。

SFに兄貴分1300と同じ丸型LEDヘッドライトを採用したほか、SBとも共通で3㎰のパワーアップを実現。新マフラーは、同時に直4らしい伸び感のあるサウンドも実現した。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. タイムを詰める走りは御法度! ヒザ擦りしたい人のための走行会「WITH ME HIZA-S…
  2. ショルダースライダー搭載の新作ジャケット 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、人気…
  3. ヤマハ・レジェンドモデルに肩を並べた「YZF-R1」 ヤマハ発動機は、同社のフラッグシップ…
  4. トライアンフ史上最高にパワフルなモデルに新色登場 トライアンフモーターサイクルズジャパンは…
ページ上部へ戻る