SHOWAのテストコース完成式典でデモ走行 電サス仕様のアフリカツインが進化

10月20日、バイクではサスペンションメーカーとして有名なショーワが、栃木開発センター・塩谷ブルーピンググラウンドのワインディングコース完成式典を開催した。
テープカットやコースのお披露目とともに体験走行も実施。特に注目だったのが5月に初公開された電子制御サスペンションを搭載したアフリカツイン開発車両の展示とデモランだ。

進化型はストロークセンサーを内蔵か?!

ショーワのアフリカツイン電サス仕様は、5月の仕様と10月の仕様を見比べると分かる通り、現在は異なる機構で開発されている。
5月は車高調整機構がセットされていたが、10月はストロークセンサーと思われるディテールが確認できるのだ。

→続きを読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲中上貴晶選手とLCR Honda IDEMITSUカラーのRC213V-S 鈴鹿サーキット…
  2. 仲間や家族で楽しめる195区画のグループシート ツインリンクもてぎに、グループ観戦専用の新…
  3. 現役ライダーも多数出演 2018年4月28日(土)に鈴鹿サーキットで開催される恒例イベント…
  4. 【原付二種スクーター徹底比較!】ディテール&試乗インプレッション 「普段は電車で通勤し…
ページ上部へ戻る