’17東京モーターショーで発表され、話題となっている新型ニンジャ250。
気になるのはクラスの盟主であるホンダCBR250RRとの比較だろう。というわけで早速、写真と発表スペック値を比較してみた。

なお、2018年型ニンジャ250(&400)の写真とスペックは海外仕様。国内モデルの諸元や価格は未発表だが、カワサキモータースジャパンのWEBサイトで「2018年春の国内販売に向けて調整を行っております」とアナウンスされている。

ENGINE
ニンジャがクラス最強馬力をマーク

エンジンは、ともに新設計のDOHC4バルブ水冷並列2気筒249ccを搭載する。最高出力はニンジャが8psアップの39ps/12500rpmをマーク。CBRは38ps/12500rpmで、ニンジャが1ps上回った。
最大トルクは2.4kg-m/10000rpmのニンジャが、CBRの2.3kg-m/11000rpmを上回る。ただし、CBRはクラス唯一のスロットルバイワイヤーと、出力特性を3段階から選べるライディングモードを備える。

→続きを読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  2. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
  3. 2018 FIM※ロードレース世界選手権権シリーズ第16戦日本GP(10月21日開催)に…
  4. ライダー&ファクトリーマシンのフォトタイムも! HYODのフラッグシップストア“HYOD …
ページ上部へ戻る