世界の鈴菌が沸いた!新生カタナ“KATANA3.0”がミラノデビュー!

ニューモデルの発表が相次ぐEICMA(国際モーターサイクルショー:ミラノ)の会場の一角で、多くのライダーの足を止めていたマシンが「KATANA3.0」。

1981年に登場したスズキのGSX1100Sカタナは言わずと知れた名車の一台で、そのイメージを踏襲しながら36年が経過した2017年に、工業デザイン先進国であるイタリアの人々のセンスでリメイクしたマシンだ。

イタリアのバイク雑誌とエンジニアリング企業がコラボ

イタリアのバイク雑誌「MOTOCICLSMO(モトチクリスモ)」誌のブースに展示されていたKATNA3.0。
同誌が誌面の企画として2016年春にスタートさせたプロジェクトで、モトグッツィのグリーゾやトライアンフのタイガーを手がけたデザイナー、ロドルフォ・フラスコーリ氏がデザインを手がけている。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る