世界の鈴菌が沸いた!新生カタナ“KATANA3.0”がミラノデビュー!

ニューモデルの発表が相次ぐEICMA(国際モーターサイクルショー:ミラノ)の会場の一角で、多くのライダーの足を止めていたマシンが「KATANA3.0」。

1981年に登場したスズキのGSX1100Sカタナは言わずと知れた名車の一台で、そのイメージを踏襲しながら36年が経過した2017年に、工業デザイン先進国であるイタリアの人々のセンスでリメイクしたマシンだ。

イタリアのバイク雑誌とエンジニアリング企業がコラボ

イタリアのバイク雑誌「MOTOCICLSMO(モトチクリスモ)」誌のブースに展示されていたKATNA3.0。
同誌が誌面の企画として2016年春にスタートさせたプロジェクトで、モトグッツィのグリーゾやトライアンフのタイガーを手がけたデザイナー、ロドルフォ・フラスコーリ氏がデザインを手がけている。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スマホの画面が傷つかないように、保護フィルムを貼るのはもはや常識ですよね。 よくよく考えて…
  2. ホンダは2月21日、4月から新しく展開していく販売ネットワーク「ホンダドリーム」の刷新した店…
  3. 箱根ターンパイクは、道路のネーミングライツを、アネスト岩田が取得したことを発表した。これによ…
  4. Monster Yamaha Tech3は、ジョナス・フォルガー選手の欠場を受け、ハフィス・…
ページ上部へ戻る