クシタニカラーのカスタムも公開!2018新型CBR250RRには白が追加?!

10月の東京モーターショーでCBR250RRにホワイトのカスタマイズコンセプトが展示されたのは記憶に新しいところ。

また、時を同じくして新東名高速道路のサービスエリア、ネオパーサ清水のクシタニカフェでホワイトのCBR250RRカスタムが11月30日まで展示中。
これは、本日11月18日発売の小説『天竜川高校 竜競部!』(マイクロマガジン社)に登場するCBR250RRをイメージしたもの。カラーリングが白×赤×黒で一致するのは単なる偶然?!

HRCレースベース車に似ているが実際は異なる

小説『天竜川高校 竜競部!』のCBR250RRは、ライダーの革ツナギがクシタニ製であることからイメージカラーの白×赤×黒。
なので関係はなさそうにみえるが、東京モーターショーに出展されたカスタマイズコンセプトとも時期が一致しているので、ベースとなる外装品は一緒のものと推測できる。

→続きを読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  2. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  3. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  4. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
ページ上部へ戻る