2018新型Z900RSデザイン開発秘話公開 Z900RSには2本出しやスポーク仕様もあった

10月25日、東京モーターショーのプレスデーにカワサキの新車発表会が開催され、2018新型Z900RSのデザイナーがプレゼンテーションを行った。
そして、11月16日のカワサキ2018年モデル試乗&撮影会で写真が配布されたのでここにZ900RSデザイン開発秘話を公開。構想段階のデザインスケッチや立体のモックを製作している過程の資料から、様々な試行錯誤を試みていたことが明らかになった。

調査スケッチではイエローボールが描かれた

デザイン初期段階で決まっていたのは「クラシックモデル」という方向性のみ。
Z1のオマージュ以外にも無数のスケッチが描かれていた。

→続きを読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  2. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  3. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  4. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
ページ上部へ戻る