初期段階のスケッチにはプロアームもあった 2018新型Ninja250/400デザイン開発秘話

Z900RSのデザイナープレゼンテーションに続きNinja250/400も公開。プレゼンは10月25日に開催されたカワサキの新車発表会で実施されたもので、ここに公開している資料は11月16日の新車試乗&撮影会時に配布された。Ninja250/400では様々なアイデアスケッチが見どころだ。

プロアームやアップマフラー、2本出しマフラーも

開発初期のアイデアスケッチは「大きなテーマを探るためのスケッチですのでダイナミックにそして明確に意図が伝わるよう制作しました」とデザイナーの小林充氏。

→続きを読む

情報提供元 [ ヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 話題のモデル「スカウトボバー」の試乗会 群馬県太田市のインディアン正規販売店「M.C.ファ…
  2. 伊豆・箱根・西湘地区の有料道路や施設をめぐるスタンプラリー 箱根ターンパイクは、伊豆・箱…
  3. 2017年11月15日に公開された2018年型GSX-R1000/Rに続いて、1月27日にモ…
  4. 絶賛発売中ヤングマシン2018年3月号「ネオクラ王決定戦」より、日本サイクルスポーツセンター…
ページ上部へ戻る