初期段階のスケッチにはプロアームもあった 2018新型Ninja250/400デザイン開発秘話

Z900RSのデザイナープレゼンテーションに続きNinja250/400も公開。プレゼンは10月25日に開催されたカワサキの新車発表会で実施されたもので、ここに公開している資料は11月16日の新車試乗&撮影会時に配布された。Ninja250/400では様々なアイデアスケッチが見どころだ。

プロアームやアップマフラー、2本出しマフラーも

開発初期のアイデアスケッチは「大きなテーマを探るためのスケッチですのでダイナミックにそして明確に意図が伝わるよう制作しました」とデザイナーの小林充氏。

→続きを読む

情報提供元 [ ヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  2. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
  3. MFJは、東北復興の応援を目的としたツーリングイベント「走ろう東北!MFJ 東北復興応援ツー…
  4. 【ホンダ CG125】ディテール&試乗インプレッション アジアンな雰囲気が漂うCG125と…
ページ上部へ戻る