【新車】KTM、2018年ストリートモデル「790 DUKE」を発売

KTM JAPANは、2018年ストリートモデル「790DUKE」を発表した。

2016年のミラノショーでプロトタイプ「KTM 790 DUKE-The Scalpel-」が発表され、生産準備が整い発売される。
発売日・価格は未定。

790 DUKE

これは、ストリートを制するという1つのタスクに基づき開発された、最もシャープなツールです。真のライダーは、パワーには正確性が不可欠。

フィードバック。バランス。これこそ、KTMが軽量かつ最先端のシャシーを新しいLC8cエンジンと組み合わせた理由です。
その結果、いつでも十分なトルクが得られる105馬力により、コーナーからの優れた立ち上りが実現されており、ライダーは満足の表情を浮かべることでしょう。

テレパシーでつながるような軽量マシンをさらに前進させるためにも、高度なライドバイワイヤー、統合接続オプション、次世代ライダーエイドが搭載されています。ただし、これで終わりではありません。その名を忠実に表すアップダウンクックシフターを想像してみてください。

カスタマイズされたライドモード。カスタマイズされたトラクションコントロール。野心的なKISKAのデザインは、あなたが前方から他のライダーが来るのを待ち遠しくするでしょう。

仕様

■フロントサスペンション
WP製 倒立 Ø43mm

■リアサスペンション
WP製 プリロードアジャスター付きモノショック

■サスペンションストローク (フロント)
140mm

■サスペンションストローク (リア)
150mm

■フロントブレーキ
4ピストンラジアルマウント固定式キャリパー

■リアブレーキ
2ピストンキャリパー、ブレーキディスク

■フロントブレーキディスク径
300mm

■リアブレーキディスク径
240mm

■ABS
Bosch 9MP two-channel ABS (スーパーモトモードを含む、オフ可能)

■チェーン
520 X-Ring

■キャスター角
66°

■ホイールベース
1475±15mm

■最低地上高
186mm

■シート高
825mm

■燃料タンク容量 (約)
14l

■乾燥重量
169kg

■デザイン
2シリンダー、4ストローク、並列二気筒

■排気量
799cm3

■ボア
88mm

■ストローク
65.7mm

■KW出力
77kW

■スターター
セルスターター

■潤滑
2ポンプ式オイル圧送潤滑

■トランスミッション
6速

■プライマリードライブ
39:75

■セカンダリーギアレシオ
16:41

■冷却
水冷

■クラッチ
PASC アンチホッピングクラッチ、機械操作式

■EMS
Bosch製 EMS ライドバイワイヤー

■CO2 EMISSIONS
102.9

■消費燃料
4.4

ムービー

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る