UNITS、日本初の折りたたみ電動原付スクーター「Airwheel Z5」を11/22発売

パーソナルモビリティを販売するECショップTeamPMB(チームパソモビ)を運営するUNITSは、折りたたみ電動原付スクーター「Airwheel Z5」の出荷を、11月22日(水)から順次開始すると発表した。

「Airwheel Z5」は、電動モーターを搭載したキックボード「Z5」が日本の公道で原付スクーターとして走行できるよう、保安基準に則した仕様に変更した電動原付スクーター。
車体重量わずか13kgで、折り畳んで持ち運ぶことができる。フル充電での走行距離は平坦な道で70kgの人が20km以上走行可能。バッテリーは家庭用100vコンセントで充電可能だ。

カラーはブラックとホワイトの2色。価格は115,000円(税込)。

Airwheel Z5

価格:115,000円(税込)

▲カラー:ブラック/ホワイト

特長

1.車体重量わずか13kg。15秒で専用キャリーに収納可能
通常60kg程あるエンジン型スクーターと比べて『Z5』の重量は5分の1の13kg。
しかも、今回特別に製作した専用キャリーケース(85cm×20cm×40cm/ギターケースなみの大きさ)に収まり、華奢な女性でもキャリーを使ってスイスイと何処へでも持ち運べれるようにしました。
15秒でカバンに仕舞える原付スクーターは日本初です。※UNITS調べ

2.走行距離20km
走行距離は、運転される方の体重や道程の勾配によって左右されますが、70kgの成人男性が平坦な道を走っても、満充電から20km以上走りきれることを確認しています。

3.高出力だけどエコにも配慮
搭載しているバッテリーは162.8whの大容量LG製リチウムイオン電池。家庭用100vコンセントに充電アダプターを差し込むだけ1回2~3時間ほどで満充電。電気代も10円以下という節約型です。
また、上部にはUSBポートも設置し、スマートフォンを充電しながらの走行も可能となっています。

『Airwheel Z5』の概要

名称:折りたたみ電動原付スクーター『Airwheel Z5』
販売予定料金:11万5,000円(税込)
バッテリ種類:リチウムイオンバッテリ(LG社製)
バッテリ容量:162.8wh
モーター出力:350w
登坂最大角度:15度
充電時間:2.5時間
車体重量:13kg
タイヤ:8インチ
走行距離:20km(平坦道 70kgドライバー乗車時 当社実測)
乗車定員:1名
最高速度:20km/h
バッテリ(USB端子付属):5V、1.5A

プレスリリース動画

情報提供元 [ UNITS ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る