来季は最高峰クラスへ挑戦。「Moto2 中上貴晶 2017シーズンレビュー」が公開

Moto2クラスで過ごした6年間と来季に向けた意気込み

ホンダが公式サイトで「Moto2 中上貴晶 2017シーズンレビュー」を公開した。

2017年シーズンをランキング7位で終えたIDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶。来年から2輪ロードレースの最高峰MotoGPクラスへ昇格する彼が、波瀾万丈の2017年シーズンとMoto2クラスで過ごした6年間、そして来季に向けた意気込みを語る。

以下公式サイトより


2017年を振り返って

18戦を戦い終えてランキング7位。簡単に言えば、思っていたような結果を全然残せないシーズンになりました。

今年の全18戦での、ベストレースは?

今季初優勝したシルバーストーン(第12戦イギリスGP)です。タイミング的にもMotoGP昇格の発表をした直後のレースだったので、自分に大きな注目が集まっていることは分かっていました。

メディアからも、また、ルーチョさん(ルーチョ・チェッキネロ:LCR Hondaの代表であり元GPライダー)やLCR Hondaチームからも見られているという、いつもと違った緊張感がありました。

そのプレッシャーの中で後続を引き離して優勝できたのは、今シーズンベストの一戦だったと言えると思います。みんなの期待に応えることができて、自信にもなりました。

ただ、シーズン中にできればもう1、2回は勝ちたかったし、勝ち星を上げられる自信もありました。なのに、そこから先は表彰台獲得数も優勝数もゼロで、獲得ポイントも少なかったのが残念です。

こんなに苦戦してポイントを稼げないシーズンになるとは思いませんでした。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る