ホンダ、スタートアップ企業とのコラボレーションプログラムをグローバルに拡大しオープンイノベーションを加速

ホンダの研究開発子会社である本田技術研究所は、オープンイノベーションを一層加速するため、米国・シリコンバレーにある同社の子会社である現地法人Honda R&D Innovations, Inc.(以下、ホンダイノベーションズ)で実施している、スタートアップ企業とのコラボレーションを推進するプログラムを、グローバルに展開すると発表した。

シリコンバレー、ボストン、イスラエルに加え、デトロイト、日本、中国、欧州で展開していく。

以下リリースより

モビリティーやエネルギーマネジメントの進化を目指す

ホンダイノベーションズでは、2015年より、オープンイノベーションを通じて革新的な製品やサービスを作り出すための取り組みとして、「Honda Xcelerator(ホンダ・エクセラレーター)」というプログラムを、シリコンバレー、ボストン、イスラエルで推進してきました。

Honda Xceleratorは、革新的なアイデアを持つスタートアップ企業に対し、資金援助やコラボレーションの場、テスト用車両、Hondaのメンターによるサポートなどを提供するプログラムであり、エネルギー、ヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)、パーソナルモビリティー、自動運転、人工知能(AI)、先進素材、ロボティクスなどの領域を開発対象とし、モビリティーやエネルギーマネジメントの進化を目指しています。

このHonda Xceleratorプログラムを通じて、LEIA社※1やVocal Zoom社※2などのスタートアップ企業と、テクノロジーの開発を行ってきました。これらの実績を踏まえ、今後、同様の取り組みを、これまでの地域に加え、米国・ミシガン州デトロイト、日本、中国、欧州にある本田技術研究所の子会社である現地法人のネットワークを活用し、拡大していきます。

本田技術研究所は、このプログラムをグローバルに展開することで、現地のスタートアップコミュニティーと緊密な関係を構築し、イノベーターと相互にメリットのある関係を築き、新たな技術やビジネスモデルを採用した将来の製品やサービスの研究開発を強化していきます。

Honda R&D Innovations, Inc. CEO 杉本直樹のコメント

「Hondaを取り巻くイノベーションのスピードは、スタートアップコミュニティーの拡大とともに、グローバル規模でさらに加速しており、Hondaの将来の製品やサービス、ビジネスを大きく変える可能性があると考えています。デトロイト、日本、中国や欧州で拡大するコラボレーションが、相互にメリットのある新たなビジネス機会の創出につながると期待しています」

※1 LEIA社は「LEIA3D」を開発しています。LEIA3Dは、ナノテクノロジーを使って3D表示を行うドライバー用ディスプレイで、どの角度から見ても自然に立体に見えるディスプレイです。ナビゲーションや交通情報などさまざまな情報の表示への活用を検討しています。
※2 Vocal Zoom社は「Vocal Zoom」を開発しています。Vocal Zoomは人間の顔の皮膚の振動を光学的に読み取ることで、音声を正確に捕捉する技術で、騒音環境下のボイスコマンド入力の性能向上を目指しています。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る