マルク・マルケスがロードレース世界選手権MotoGPクラスで2年連続チャンピオンを獲得

コンストラクターズ、チームの三冠も達成

2017 FIM ロードレース世界選手権の最終戦バレンシアGPで、レプソル・ホンダ・チームのマルク・マルケスがチャンピオンを獲得し、2連覇を達成。同時にチームのタイトルも獲得し、前戦で獲得したコンストラクターズタイトルと合わせ、三冠を達成した。

最終戦のマルケスは、予選でシーズン8度目となるポールポジションを獲得し、順調な仕上がりで決勝に臨んだ。

決勝レースでも序盤から上位を走行しつつ、ライバルとのポイント差を考慮した堅実な走りを展開。3位でフィニッシュし、チャンピオンの座に輝いた。

▲マルク・マルケス

また今大会では、チームメイトのダニ・ペドロサが優勝し、チームタイトルの獲得に華を添えてシーズンを締めくくった。

マルケスは、2013年にHondaワークスチームのレプソル・ホンダ・チームからMotoGPクラスに初参戦すると、デビューイヤーでチャンピオンを獲得し最年少記録を更新。翌年も開幕戦からの10連勝を含む13勝を挙げ、2年連続でチャンピオンを獲得した。

今回は、史上最年少でMotoGPクラスにおける通算4度目のチャンピオンとなる快挙を成し遂げることに成功。また、Hondaも昨年に引き続き2年連続のコンストラクターズタイトルを獲得し、さらにレプソル・ホンダ・チームもタイトルを獲得したことで、3年ぶりの三冠達成となった。

▲レプソル・ホンダ・チーム

以下プレスリリースより


マルク・マルケスのコメント

このバレンシアで勝って4度目のチャンピオンタイトルを獲得するため、序盤からレースをコントロールしようとしてプッシュしましたが、ザルコ選手を抜いた後の第1コーナーでミスをしてしまいました。

このミスの後、彼と競うことにリスクを感じたので、確実にフィニッシュを目指す走りに切り替えたら、ドヴィツィオーゾ選手がリタイアし、チャンピオンを獲得したと知りました。

今季の前半戦は、肉体的にも、精神的にも本当にタフなものでした。最初の何戦かは楽しんで走ることができませんでしたが、チームの努力のおかげで走りをエンジョイできるようになりました。

今日のレースは本当に信じられません。パルクフェルメに来て初めてチャンピオンになれたと気づいたくらいでした。

本田技研工業株式会社 代表取締役社長 八郷隆弘のコメント

一年を通して、チャレンジし続けながらも、安定した走りで、2年連続チャンピオンを獲得したマルケス選手を心から祝福します。

またコンストラクターズタイトル、チームタイトルを加えた3つのタイトルを獲得できたことを大変うれしく思います。チームおよび関係者、スポンサーの皆さま、そしてファンの皆さまに心より感謝申し上げます。

今後も、二輪の最高峰レースであるMotoGPでの勝利を目指し、新たなチャレンジを続けてまいりますので、引き続きご声援をよろしくお願いします。

株式会社ホンダ・レーシング 代表取締役社長 野村欣滋のコメント

今シーズンは各メーカーの進化が大きく、またコースごとにコンディションの変化も激しい非常にタフなシーズンでした。そのような状況で、マルケス選手は着実に勝利を重ね、チャンピオンを獲得することができました。

また、チームのメンバーとHRCメンバー全員の素晴らしい働きにより、三冠まで達成できたことは、HRCの代表として、レースに携わってくれた全員を誇りに思うとともに、その努力とチャレンジに感謝いたします。

加えて、Hondaのレース活動を支えてくれた、多くのスポンサーとファンの皆さまに御礼申し上げます。

【関連ニュース】
[MotoGP]Rd.18 マルケスが2年連続4度目のチャンピオンを獲得!

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る