青山博一が監督に就任!Honda Team Asiaが2018年シーズン体制を発表

ライダーは2017年から引き続き2名が参戦

Honda Team Asiaは、2018年シーズンの新体制を公式発表した。

アジア全域から、世界のトップレベルで戦い活躍できるアジア人ライダーを発掘・育成するためのチームとして発足したHonda Team Asiaは、FIM ロードレース世界選手権 Moto3クラスに参戦を続けている。

2018年シーズンは、チーム監督にHRCテストライダーの青山博一を迎え、ライダーは2017年に引き続き、ナカリン・アティラプワパと鳥羽海渡の2名が参戦。世界を舞台に活躍が期待される。

アティラプワパは2016年、アジアタレントチームの一員として、FIM CEVレプソルインターナショナル選手権のMoto3ジュニアワールドチャンピオンシップに参戦。2017年から、Honda Team Asiaのライダーとして世界選手権のMoto3クラスに参戦し、2018年シーズンも挑戦を続けていく。

鳥羽は、2014年にアジアタレントカップの初代チャンピオンを獲得。2016年シーズンのFIM CEVレプソルインターナショナル選手権 Moto3ジュニアワールドチャンピオンシップで年間総合4位、MotoGPルーキーズカップで年間総合5位となった。

2017年から世界選手権のMoto3クラスに参戦を開始しており、さらなる成長が期待されている。

コメント

青山博一 チーム監督

監督という機会を下さったHonda Team Asiaに感謝します。私自身がチャンピオンになれたのも、多くの方々の協力があってのことでしたので、今度は私が次の世代のライダーたちをサポートしたいと思っています。

鳥羽選手とナカリン選手は、彼らがアジアタレントカップ、CEVレプソルインターナショナル選手権で走っている頃から知っているライダーたちです。それぞれのキャラクターも分かっているので、彼らがMoto3の選手としてさらに成長できるような環境を整えたいと考えています。

ナカリン・アティラプワパ

今シーズンは失敗からさまざまなことを学んだので、それを活かして来季を戦いたいと思っています。来年に向けて一層トレーニングに励む必要があります。

レースでいい成績を収めるために必要なフィジカルとメンタルのトレーニング、コミュニケーションを円滑にするための英語の勉強が特に重要だと考えています。

鳥羽海渡

今シーズンは世界選手権への参戦1年目で苦戦しましたが、多くのことを学ぶことができました。来シーズンは青山さんが監督になられますが、青山さんは2015年のCEV Moto3参戦時から、コースサイドで自分の走りを見てくださっているので、自分のことをよく分かっていただけていると思います。

今期の経験を活かし、また、青山さんのアドバイスをいただきながら、チャンピオン争いができるよう、オフシーズンからしっかりと準備をしてがんばります。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る