中上貴晶がMotoGPクラスへ昇格!IDEMITSU Honda Team Asiaが2018年シーズン体制を発表

中上の後任は、新加入の長島哲太

IDEMITSU Honda Team Asiaは、2018年シーズンの新体制を公式発表した。

アジア全域から、世界のトップレベルで戦い活躍できるアジア人ライダーを発掘・育成するためのチームとして挑戦を続けてきたIDEMITSU Honda Team Asia。所属ライダーの中上貴晶は、2018年シーズンからFIM ロードレース世界選手権MotoGPクラスに昇格する。

2018年シーズンは、チーム監督にHRCテストライダーの青山博一を迎え、中上の後任ライダーとして、現在Moto2クラスに参戦中の長島哲太が新加入。カイルール・イダム・パウィとの2名体制で2018年シーズンに挑む。

長島は1992年生まれの25歳。2016年FIM CEVレプソルインターナショナル選手権 Moto2ヨーロピアンチャンピオンシップでランキング2位を獲得。2017年から世界選手権Moto2クラスに戦いの場を移し、参戦2年目となる2018年シーズンは、さらなる躍進が期待されている。

Super KIPの愛称で親しまれているパウィは、2016年にHonda Team Asiaから世界選手権Moto3クラスへ参戦し2勝を挙げると、翌2017年にはMoto2クラスにステップアップして、IDEMITSU Honda Team Asiaから参戦。2018年も引き続き同チームからのチャレンジとなる。

以下公式サイトより


コメント

青山博一 チーム監督

監督という機会を下さったIDEMITSU Honda Team Asiaに感謝します。アジア人ライダーとして次代を担っていく長島選手、パウィ選手に、私がライダーとして積み重ねてきた10年間の経験を、成功も失敗も含め全て伝えたいと考えています。

Moto2クラスでよりいい結果が出せるよう彼らを全力でサポートし、中上選手のようにMotoGPクラスに昇格ができることを期待しています。

長島哲太

来年度より、IDEMITSU Honda Team Asiaの一員になれることを光栄に思います。ご協力いただいたHondaの皆さまをはじめ、多くの方々に支えられて来シーズンを共に戦えることに心より感謝しています。

来シーズンは青山さんがチーム監督になられるということで、250cc世界チャンピオンを獲得した青山さんのもとで、ライディングはもとよりレースに対する姿勢やトレーニング方法など、多くのことを学びたいと思います。

Moto2クラス参戦2年目となる来シーズンは、表彰台の獲得を目指し、ライダーとして成長した姿を皆さまにお見せできるように日々精進していきます。これからも応援のほど、よろしくお願いします。

カイルール・イダム・パウィ

まず始めに、私のことを信頼してくれたHondaとチームに感謝します。2018年も引き続きチームの一員となれることを、大変うれしく思います。来シーズン、いい成績を収められるように、チーム一丸となって戦います。

テストライダーでもある青山さんが新たに監督に就任されるということで、自分のライディングをさらに上達させられると考えています。繰り返しになりますが、来季も引き続き同じチームで走れることが、とてもうれしいです。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  2. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  3. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  4. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
ページ上部へ戻る