MVアグスタ、和歌山利宏のEICMAブースレポートを公開

MVアグスタの社長が紹介するアピールポイントとは

MVアグスタは、モーターサイクルジャーナリスト・和歌山利宏氏のEICMAブースレポートを公開した。

アグスタブースでは、出展車をくまなくチェックしようとするも、例年以上の混雑振りに遭遇。その中で、アジア地区担当マネージャー、さらにはジョバンニ・カスティリオーニ社長から、日本のアグスタファンに向けアピールポイントを紹介してもらっている。

以下公式サイトより


ジャーナリストの和歌山利宏です。今回はEICMAでのMV AGUSTAのブースの様子をお伝えさせていただきます。

99年のF4(750)以来、MV AGUSTAのほとんどのニューモデルの試乗会に出席し、それらについてお伝えしてきているだけに、当然、ショーでは出展車をくまなくチェックするわけですが、今回はちょっと事情が違います。

ブースを訪ねたときはすでに一般公開が始まっており、まだ木曜日だというのに、もう立錐の余地がないくらいの混雑振りです。例年よりも多い人たちから人気の程を窺わせることはともかく、写真撮影どころではありません。

本HPにレポートするということで、アジア地区担当マネージャーのジョー・サンガランさんから日本の皆さんに向けてのアピール点を紹介してもらおうと思っていたのですが、もう彼の助けなしには撮影も無理な状況です。モデルに群がる人たちに「ちょっとご免なさい」と声を掛けてもらうのです。

と、彼とブースに向かおうとすると、そこでジョバンニ・カスティリオーニ社長に出くわし、挨拶を交わした後、せっかくだからと写真を撮らせてもらうことになりました。そこでジョバンニが選んだモデルは、DRAGSTER 800RRでした。

【和歌山利宏 関連ニュース】
EICMA2017を振り返る 花形モデル以外にも注目を集めたバイク達
Webikeニュース 和歌山利宏 寄稿記事一覧

→全文を読む

情報提供元 [ MV アグスタジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る