ヤマハコミュニケーションプラザ、東京モーターショー出展のコンセプトモデルを展示

参考出展モデル3点を展示

ヤマハ発動機の企業ミュージアム「ヤマハコミュニケーションプラザ」は、11月10日から12月25日まで、東京モーターショーに参考出展した3点のコンセプトモデルを展示する。

2017年の東京モーターショーヤマハブースのテーマは「YAMAHA FUTURE GARAGE 響きあう未来へ。」

二輪から三輪、そして四輪へ、ヤマハブランドならではの「もっとひろがるモビリティの世界」を公開する。

展示モデル

TRITOWN(トリタウン)

LMW機構を備えたフロント2輪の小型電動立ち乗りモビリティ

MWC-4(エムダブリューシー フォー)

”ハーフサイズモビリティ”をコンセプトに開発した前後二輪の四輪LMW

CROSS HUB CONCEPT(クロスハブコンセプト)

四輪のデザインコンセプトモデル

【関連ニュース】
東京モーターショー2017 YAMAHAブースギャラリー

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る