ヤマハコミュニケーションプラザ、東京モーターショー出展のコンセプトモデルを展示

参考出展モデル3点を展示

ヤマハ発動機の企業ミュージアム「ヤマハコミュニケーションプラザ」は、11月10日から12月25日まで、東京モーターショーに参考出展した3点のコンセプトモデルを展示する。

2017年の東京モーターショーヤマハブースのテーマは「YAMAHA FUTURE GARAGE 響きあう未来へ。」

二輪から三輪、そして四輪へ、ヤマハブランドならではの「もっとひろがるモビリティの世界」を公開する。

展示モデル

TRITOWN(トリタウン)

LMW機構を備えたフロント2輪の小型電動立ち乗りモビリティ

MWC-4(エムダブリューシー フォー)

”ハーフサイズモビリティ”をコンセプトに開発した前後二輪の四輪LMW

CROSS HUB CONCEPT(クロスハブコンセプト)

四輪のデザインコンセプトモデル

【関連ニュース】
東京モーターショー2017 YAMAHAブースギャラリー

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※参考画像 ■リコール対策届出日 平成30年1月23日 ■リコール対策届出番号 …
  2. DUCATI MONSTER821 2016 年式 (821 cc)オーナー:shunさ…
  3. ユーザー:麺屋家元さん 車種名:KAWASAKI Dトラッカー125 期間:2018…
  4. スズキ株式会社は、650cc Vツインエンジンのロードスポーツバイク「SV650 ABS」を…
ページ上部へ戻る