商船三井の新造フェリー「さんふらわあ さっぽろ」の運休が2018/1/31まで延長

推進系統に新たな不具合を確認

不具合により当面の航海を運休している、商船三井の新造フェリー「さんふらわあ さっぽろ」が、2018年1月31日(水)までの運休を確定した。

「さんふらわあ さっぽろ」は10月25日に就航し、苫小牧港(北海道)から大洗港(茨城県)に到着したが、翌26日、大洗港での機関点検中に、主機周辺部品の一部に不具合が確認されていた。

修復と関連箇所の総点検は、建造造船所でする必要があると判断され、当初は11月12日(日)までの運休が見込まれていたが、機関の総点検を実施した結果、推進系統に新たな不具合が確認され、修復に向けて更なる時間を要することとなった。

現時点では正確な修理期間が定まっていないが、当面、2018年1月31日(水)までの運休の確定が発表された。

以降の運航スケジュールについては確定次第、商船三井フェリーのホームページ上で案内される。

【関連ニュース】
商船三井の新造フェリー第2船「さんふらわあ さっぽろ」に不具合 当面の航海を運休
商船三井フェリー、新造船「さんふらわあ さっぽろ」が10/24に初航海

→全文を読む

情報提供元 [ 商船三井フェリー ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る