【新製品】ミシュラン、モーターサイクル用スポーツツーリングタイヤ「MICHELIN Road 5」を来春より発売

ミシュランは、モーターサイクル用スポーツツーリングタイヤ、「MICHELIN Road 5(ミシュラン ロード ファイブ)」を2018年2月1日より順次発売する。
発売サイズはフロント3サイズ、リア6サイズの計9サイズ(トレイル用2サイズ含む)となり、価格はオープン。

MICHELIN Road 5 は、2014年の発売以来、全世界で150万本を超える売上を記録し、スポーツツーリングタイヤ市場ではすでに高い評価を得ている「MICHELIN Pilot Road 4」のDNAを引き継いでいる。

本製品では多くのライダーが求めるドライ路面での優れた操縦安定性は確保しながら、走行距離に伴うウェットブレーキング性能の低下を抑えるという要件を満たすため、最新のコンパウンドによる「MICHELIN 2CT および MICHELIN 2CT+」と、MICHELIN XSTに改良を加えた「MICHELIN XST Evo(ミシュラン・エックスサイプ・テクノロジー・エボ)」を採用した。

さらに、ドライ・ウェットでの優れた操縦安定性に加え、走行距離による雨天時の制動力の低下を抑制することで、スポーツツーリングで得られる“走る喜び”をあらゆるシーンで多くのライダーに提供する。

MICHELIN Road 5

■MICHELIN Road 5
フロント:120/60ZR17 55(W)、120/70ZR17 58(W)
リア:150/70ZR17 69(W)、160/60ZR17 69(W)、180/55ZR17 73(W)、190/50ZR17 73(W)、190/55ZR17 75(W)

■MICHELIN Road 5 TRAIL
フロント:110/80R19 59V、120/70ZR19 60W ※1
リア:150/70R17 69V、170/60ZR17 72W ※2
※1、※2 2018年夏発売予定

採用技術

■MICHELIN XST Evo(ミシュラン・エックスサイプ・テクノロジー・エボ)
路面の水膜を切り裂き、タイヤの排水能力を強化するためにデザインされたサイプと貯水ホールが特長です。
摩耗時においてはサイプが拡幅し、タイヤのシーランド比を大きくすることで排水能力を維持します。

■MICHELIN 2CT (ミシュラン・2コンパウンド・テクノロジー)
フロントタイヤのセンター部には耐久性の高いラバー・コンパウンドを、ショルダー部にはグリップ力の高いラバー・コンパウンドを配置することでロングライフ性能と安全性を両立しています。

■MICHELIN 2CT+ (ミシュラン・2コンパウンドテクノロジー・プラス)
リアタイヤのトレッドショルダー部のソフトコンパウンドのベースにハードラバー・コンパウンドを使うことにより、コーナリング時の最適な剛性を確保。特にコーナリングの立ち上がりにアクセルをワイドに開けた時のスタビリティーを向上させています。

■MICHELIN ACT+ (ミシュラン・アダプティブ・ケーシング・テクノロジー・プラス)
トレッドセンター部のケーシングはシングルプライ構造でさらに90度近い角度を採用することにより、トレッドセンター部の柔軟性を確保し、優れた直進安定性を発揮します。サイドウォール部とショルダー部には高角度のクロスプライを採用し高い剛性を維持することでコーナリング時の横滑りを抑制し、優れた安定性に効果を発揮します。

ムービー

・Webikeショッピング MICHELIN:ミシュラン ブランドページ
https://www.webike.net/brand/434/

情報提供元 [ ミシュラン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る