NEXCO中日本、富山県内で初めて高速道路ナンバリング標識を設置

NEXCO中日本は、すべての利用者にわかりやすい道案内を目指して進めてきた、高速道路ナンバリング標識を「富山IC」周辺に設置した。

NEXCOは、高速道路に路線番号を付することにより、訪日外国人をはじめ、すべての利用者にわかりやすい道案内の実現を目指す「高速道路ナンバリングの実現に向けた提言」(2016年10月24日高速道路ナンバリング検討委員会とりまとめ)を受け、北陸ブロック道路標識適正化委員会富山県部会では、富山県内における高速道路ナンバリング(以下、ナンバリング)の対応方針について検討を進めてきた。

富山県では利用者が最も多い北陸自動車道「富山IC」周辺において、富山県内で初めて高速道路ナンバリング標識を11月9日より設置した。
今後、県内の他区間の高速道路や一般道路においても、順次高速道路ナンバリング標識整備を進めていく。

着手箇所の概要

■設置箇所
北陸自動車道富山IC周辺(別紙1別紙2 の通り)

■設置日時
2017年11月9日(木)および11月10日(金) 午前9時~午後5時
【予備日】2017年11月13日(月)

■参考資料
高速道路ナンバリングの目的

→全文を読む

情報提供元 [ NEXCO中日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. キャンプツーリングにオススメバイク特集第2弾!! ウェビックユーザーがオススメする【キャン…
  2. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  3. SHOEIは、「Z7」ヘルメットのニューグラフィックモデルを12月に受注限定で発売することを…
  4. ’04年にZ750がデビュー。’13年にZ800へと進化したZシリーズのミドルモデルが、昨年…
ページ上部へ戻る