[Webikeチームノリックヤマハ]2017年筑波ロードレース選手権シリーズ第4戦

■大会名:筑波ロードレース選手権シリーズ 第4戦
■開催日:2017年10月28日(土)
■開催場所:茨城県 筑波サーキット

■ライダー/レース結果
J-GP3クラス
#31 阿部 恵斗 決勝:3位/総合:2位

筑波ロードレース選手権シリーズ第4戦が筑波サーキットにて開催されました。
ウェビックチームノリックヤマハからはJ-GP3クラスに阿部 恵斗選手が出場しました。
第4戦は筑波ロードレース選手権シリーズの最終戦となります。

これまで阿部 恵斗選手は、3月の第1戦では9位、6月の第2戦では5位、7月の第3戦では4位と、着実に順位を上げてきました。

予選レポート

そして挑んだ今回の最終戦。予選では、後半に残したベストラップタイムで6番手にて通過しました。

その予選通過タイムは1’01.647と、これまでの予選通過タイムでは出ていなかった1秒台を記録し、調子の良さが伺えます。

しかし今回の予選は10番手までがトップとの差が0.6秒以内と、決勝も熱いレースになることが予想されます。

決勝レポート

遂に始まった決勝レースのコンディションはドライだった予選に対してウェットとなりました。レース序盤は順調にスタートして1番手をキープ。その後は抜きつ抜かれつを繰り返すレース展開となりました。

結果は3着!前回から更に順位を上げ、今回は見事に表彰台に立つことができました!

2017年のシリーズを通じたランキングでは総合49ポイント、2位を獲得です!

阿部 恵斗選手の来年の活躍にもご期待ください!
今後とも応援をよろしくお願いいたします!

#31 阿部 恵斗

■筑波ロードレース選手権シリーズ J-GP3クラス
決勝リザルト:3位/総合:2位

阿部 恵斗 選手コメント

予選はドライコンディションでした。
タイムは思っていたよりも伸びずに1分1秒647となり、6番手です。一方で決勝はウェットコンディションとなり、レースは2周減算され16周のレースとなりました。

レース序盤は、スタートが上手く行き1位を守る形で走行することとなりました。
レース中盤で、バックストレートで抜かれてしまいましたが、1コーナーでなんとか抜き返しました。しかし再びバックストレートで2台に抜かれてしまいました。第2ヘアピンで1台パスしましたが前と少し間が開いてしまいました。

前に追いつこうと必死に走り、距離を縮めることができましたが残り周回が少なく抜くことは難しいと判断しました。

そこで、自分のポジションを守ることに切り替え、バックストレートで後ろのバイクにスリップストリームに入られないようバイクを左右に振りましたが、一瞬マシントラブルが出てしまったことで失速し、1つ順位を落としたところでチェッカーフラッグを受けました。

結果3位でした。本当に悔しかったです。

今回のレースを振り返って感じる反省点は、序盤にタイヤを使いすぎてしまい終盤思うように走れなかったことです。今後はしっかりタイヤの配分を考えてレースをしたいと思います。

最後にスポンサーの皆様、応援してくださった皆様、チームの皆様、1年間本当にありがとうございました。

photo by Ishizaki Nobuki

情報提供元 [ Webike motosport ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る