【新車】ハーレーダビッドソン、EICMAで9モデル目の新ソフテイル『Sport Glide』を世界初公開

ハーレーダビッドソンは、EICMA 2017(ミラノショー)で、において、新世代ソフテイル・ファミリーに加わる2018年新モデル『Sport Glide(スポーツグライド)』を世界初公開した。

『Sport Glide』は、いつでも簡単に取り外し可能なフェアリング(導風板)とパニエ(側面バッグ)を装備し、都市の通勤にも長距離のクルージングにも最適なファクトリー・カスタム・クルーザー。

より軽量且つ堅牢になったカーボンスチール製の最新筒型フレームを搭載した。Milwaukee-Eight 107 V-Twinパワートレインはトルクフルで、優れた加速を生み出す。コンパクトでスタイリッシュな、現代的なフォルムの本モデルは、順次各国の市場へ導入される予定となっている。価格・導入時期を含め、日本国内仕様の詳細は現時点で未定。

*HARLEY-DAVIDSONを代表するクルーザータイプのモーターサイクル商品群のひとつ。2018年モデルから、ダイナのハードライディングなパフォーマンスに、ソフテイルの他に例を見ないカスタムスタイルが統合され、全く新しいファミリーとして生まれ変わった。
日本国内では新ソフテイル・ファミリー(2018年モデル)は現在8モデルが発売されている。

Sport Glide

新型『Sport Glide』は、ツーリング、クルージング、通勤など、あらゆるシーンで活躍するアグレッシブなファクトリー・カスタム・クルーザーです。HARLEY-DAVIDSONツーリングレンジのクラシックなスタイリングを端緒としつつ、独自のコンパクトかつモダンなデザインを実現しています。

ミラノで公開された新型『Sport Glide』のフェアリングは、胸元の風を避けつつ顔には爽快感が得られるようスタイリングされており、クイックリリース構造の締め具でフォークチューブに固定し、着脱に手間取ることは無いよう設計されています。

新型のリジッド(ロック付)パニエはスマートなクラムシェル設計で積み下ろしも簡単で、ライダーは座ったまま片手で開くことができます。
リッドには減衰装置が付きスムーズに開閉でき、またバッグも内部クイックリリース機構により数秒で取り外しすることが可能です。取付箇所は見た目もすっきりで、パニエ合計容量は25.5リットルとなっています。

新しい43mmの倒立フォークがフロントエンドの剛性を強化し、シングルカートリッジの減衰システムを搭載して、正確なハンドリング、安定性、確かなブレーキ性能を実現しました。標準装備のABSがさらにパフォーマンスを向上させています。
新世代ソフテイル・ファミリー共通のモノショックリアサスペンションを採用し、右側カバー下に露出しているノブによりリモート制御を行う油圧式スプリングプリロード調整も搭載しています。

またブラックアウトされたMilwaukee-Eight 107パワートレインにより、優れた高速性能とハーレーダビッドソンでしか味わえない鼓動感を両立させています。

情報提供元 [ ハーレーダビッドソンジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る