ホンダ、EICMA2017の出展概要を発表 CB1000R、CB300R/125R、Africa Twin Adventure Sportsを世界初公開

ホンダは、イタリア・ミラノで開催されるEICMA2017(ミラノショー、一般公開11月9日~11月12日)に出展するヨーロッパ向け2018年モデルの二輪車ラインアップとコンセプトモデルを発表した。

CB1000R、CB300R、CB125R、CRF1000L Africa Twin Adventure Sportsが世界初公開され、ゴールドウイング、X-ADV、NC750X、NC750S、INTEGRA、コンセプトモデルのスーパーカブC125、モンキー125を出展する。

EICMA2017に出品したCB1000R、CB300R(日本ではCB250Rとして販売予定)、CB125R、CRF1000L Africa Twin Adventure Sportsは、日本での販売を計画している。

世界初公開モデル

■CB1000R

フルモデルチェンジのCB1000Rは、開発の狙いを「魅せる、昂る、大人のためのEMOTIONAL SPORTS ROADSTER」に定めました。その実現のために、マスの集中化と軽量化を図った車体パッケージングに加え、さらに力強い出力特性を発揮する直列4気筒DOHC4バルブ1000ccエンジンと、スロットル・バイ・ワイヤシステムの搭載などを行い、エキサイティングでありながら操りやすさも追求しています。
スタイリングは「ネオ・スポーツ・カフェ」をデザインテーマにし、経験を積んだ大人の趣味にふさわしい、高品位な機能部品で構成された外観を実現しました。

■CB300R、CB125R
“新世代CB”として誕生した両モデルは、ビギナーから経験豊かなライダーまで幅広い層を想定して開発し、マスの集中化を図ることで、軽快で上質な操縦フィールを目指しました。
スタイリングは、両モデルともにCB1000Rのイメージを踏襲。コンパクトかつダイナミックなプロポーションやメカニカルな機能美などで、所有感を高めています。

▲CB300R

▲CB125R

■CRF1000L Africa Twin Adventure Sports
CRF1000L Africa Twinに新たに設定したAdventure Sportsモデルは、「もっと遠くへ行きたい」、「もっとタフに過酷な挑戦をしたい」というさらなるアドベンチャーマインドをかき立てるモデルとして開発しました。また、1988年に初代Africa Twinがヨーロッパに登場してから30年を象徴する記念モデルです。24L容量の大型フューエルタンクと大型のウインドスクリーン、ロングストロークのサスペンションなどの採用に加え、スロットル・バイ・ワイヤシステムも新たに装備しています。

その他のニューモデル

■ゴールドウイング
フルモデルチェンジのゴールドウイングは、よりシャープなスタイリングと軽量かつコンパクト化を図り登場。新開発の水平対向6気筒エンジンには、新たに7速DCTをタイプ設定し、長距離走行の快適性をさらに高めています。

■X-ADV
アドベンチャースピリットにあふれるスタイリングと装備に加え、都市での快適な走行と利便性を高次元で融合させた、新しいジャンルのモーターサイクルとして2017年に登場しました。
今回、オフロードでの走行性能を向上させるために、Hondaセレクタブルトルクコントロールなどを採用しています。また、A2免許ライダーに対応した出力35kWモデルを追加しました。

■NC750X、NC750S、INTEGRA
各モデルともに、A2免許ライダーに対応した出力35kWモデルを追加したほか、最高回転数を引き上げて高回転域でのパフォーマンスを引き出しやすくしています。

コンセプトモデル

■スーパーカブC125、モンキー125
第45回東京モーターショー2017で初公開した両モデルを出展します。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る