バイク王、バイク好き若手クリエイターによるショートムービー「80’s RIDE」を配信

主人公やヒロインも、すべて学生たちが演じる

バイク王 バイクライフ研究所は、バイク好きの20代若手クリエイターによる自主制作ショートムービー『80’s RIDE(エイティーズ ライド)』を、公式コンテンツサイト「Bike Life Lab」にて配信開始した。

バイク好きの20代の若手クリエイターが集まって企画考案し、撮影・編集まですべてが自主制作。主人公やヒロインも、すべて学生たちが演じている。

一話3分程度のショートムービーはドラマ仕立てになっており、今のところ全何話になるかは未定。車やバイクにはあまり関心を示さなくなっているといわれる現代の若者たちが、バイクを通してどんな人間ドラマを繰り広げていくのか。彼らのライフスタイルやトレンド、恋愛模様も見どころのひとつとなっている。

BikeLifeLab 80’s Ride #01

以下プレスリリースより


コンテンツサイト「Bike Life Lab」にて配信

当作品は、10代~20代の現役ライダーはもちろん、免許やバイクは持っていないもののバイクに興味のある若者たちに向けて、「バイクに乗ると、人生がどんどん変わる」「バイクのある人生って、素晴らしい」というメッセージを込めて創られています。

劇中に登場するバイクはすべて1980年代の、まさに主人公たちが生まれる前の「名車」ばかり。彼らのお父さん世代の方々にとっては、ご自身が青春真っ盛りの頃に流行したバイクにまたがる現代の若者たちにかつての自分を投影するような、ノスタルジックな思いに浸れる作品となることでしょう。

このショートムービーは第1話が10月31日(火)より、バイク王 バイクライフ研究所が運営するコンテンツサイト「Bike Life Lab」にて配信されます。第2話以降も随時配信していきますので、ぜひご覧ください。

ショートムービー『80’s RIDE』

https://www.8190.jp/bikelifelab/extra/80sride_01/

Bike Life Lab トップページ

https://www.8190.jp/bikelifelab//

『80’s RIDE』あらすじ

主人公タクマは、ちょっとオタク気質な、いわゆるどこにでもいる就活中の大学生。 内気で、好きなこと以外は自分から行動することはあまりなく、常に今の自分にあまり満足していないタイプです。

バイクも最初は全く興味がなかったけれど、バイクとの偶然の出会いから、タクマの生活や性格が、少しずつ変化していきます。さて、どのような変化が訪れるのでしょうか。

撮影秘話

作中に登場するバイクは、RZ250R(ヤマハ)とCBR400F(ホンダ)です。独特の魅力がある80年代を象徴したバイクで、絶版車でありながら、今でも多くのオーナーに愛されているバイクです。

そんな希少なバイクに乗る現代っ子達が繰り広げる現代的なドラマ、そのギャップを是非注目いただければと思います。

(作品に関するコメント:佐藤 快/オフィス シュナイダー)

→全文を読む

情報提供元 [ バイク王&カンパニー ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る