川崎重工、SDLコンソーシアムに加盟 コネクテッドモーターサイクルの実現を目指す

160826_24

川崎重工は、モーターサイクル・自動車とスマートフォンをつなぎ、車上でスマートフォンアプリを利用可能とするオープンソース「スマートデバイスリンク」(以下、SDL)を管理する非営利団体「スマートデバイスリンク コンソーシアム」に加盟したことを発表した。

スマホに触れずにアプリとつながる

SDLは、モーターサイクル・自動車といった乗り物がスマートフォンアプリとつながるためのオープンソースプラットフォームで、運転中もスマートフォンに直接触れることなく、音声認識やハンドルスイッチを用いて、ニュースや交通情報、天気予報などのスマートフォンアプリを利用できるようになる。

「スマートデバイスリンク コンソーシアム」は、世界各国の自動車メーカー、車載器メーカー、ソフトウェア・アプリケーション開発企業が加盟する非営利団体。
同社は、今回のスマートデバイスリンク コンソーシアムの加盟によりSDLの普及を進め、2016年8月に発表した「AI(人工知能)を活用したモーターサイクル」を始めとするコネクテッドモーターサイクルの実現に向けて取り組みを進めていく。

【関連ニュース】
◆川崎重工、AI(人工知能)を活用したモーターサイクルの開発に着手

→全文を読む

情報提供元 [ 川崎重工業 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハのフラッグシップLMW・ナイケン。これまでヤングマシンで行ってきた徹底テストでその…
  2. 流行するネオクラシックの中でも「軽量&扱いやすいモデル」として人気を集める、日本とイタリアの…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット トライアンフは、2月16日(土)より 3月10日(日)…
  4. 車検レスの軽量スポーツ刀は、250㏄としては大柄だったものの、親しみやすさはシリーズ随一だ。…
ページ上部へ戻る