川崎重工、SDLコンソーシアムに加盟 コネクテッドモーターサイクルの実現を目指す

160826_24

川崎重工は、モーターサイクル・自動車とスマートフォンをつなぎ、車上でスマートフォンアプリを利用可能とするオープンソース「スマートデバイスリンク」(以下、SDL)を管理する非営利団体「スマートデバイスリンク コンソーシアム」に加盟したことを発表した。

スマホに触れずにアプリとつながる

SDLは、モーターサイクル・自動車といった乗り物がスマートフォンアプリとつながるためのオープンソースプラットフォームで、運転中もスマートフォンに直接触れることなく、音声認識やハンドルスイッチを用いて、ニュースや交通情報、天気予報などのスマートフォンアプリを利用できるようになる。

「スマートデバイスリンク コンソーシアム」は、世界各国の自動車メーカー、車載器メーカー、ソフトウェア・アプリケーション開発企業が加盟する非営利団体。
同社は、今回のスマートデバイスリンク コンソーシアムの加盟によりSDLの普及を進め、2016年8月に発表した「AI(人工知能)を活用したモーターサイクル」を始めとするコネクテッドモーターサイクルの実現に向けて取り組みを進めていく。

【関連ニュース】
◆川崎重工、AI(人工知能)を活用したモーターサイクルの開発に着手

→全文を読む

情報提供元 [ 川崎重工業 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る