土砂崩れから復興!全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦がフルコースで開催決定

復旧工事が完了。走行の安全性を確認

三重県の鈴鹿サーキットで11月4日(土)・5日(日)に開催が予定されている「2017 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦 第49回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿」において、フルコースでのレース開催が正式に決定した。

鈴鹿サーキットでは、先日の台風21号の影響により、国際レーシングコースのうち西コースエリアの200Rコーナー左側に土砂崩れが発生したため、レース開催に向けた復旧作業が進められていたが、予定していた工事が完了。走行の安全が確認できたため、当初の予定通りフルコースでの開催が発表された。

今年も熱戦が繰り広げられている全日本ロードレース選手権。コースの復旧により、最終戦も熾烈なレースが期待される。

全日本ロードレース最終戦 ティーザー動画

情報提供元 [ 鈴鹿サーキット ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 貴重なレース映像や資料を公開 2017/18シーズンFIM世界耐久選手権シリーズ(EWC)…
  2. 新型モンキー125用の機械曲サイクロン GPマグナム タイプダウンマフラーがヨシムラから…
  3. 2018年9月10日、昨年のイタリア ミラノショーでカワサキが登場を予告したニンジャ125と…
  4. スポーティなアドベンチャーモデルとして定評あるMT-09トレーサーが、’18年型で「トレーサ…
ページ上部へ戻る